働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

夜桜ヴァンパネルラ (2)

夜桜ヴァンパネルラ (2) (電撃文庫)

《あらすじ》
血を啜る怪物“吸血種”を狩る、もうひとつの組織―浄血官。法を無視して無慈悲な駆除を続ける彼らと、あくまで法を遵守する捜査九課とは激しく対立していた。そんな折、浄血官が拉致・殺害される事件が発生。恋人を殺されて復讐に燃える女吸血種の存在が浮かび上がる。捜査九課の美しき“真祖”の少女・倫子とその相棒の一途バカ・紅朗は、復讐者を追い、複雑化する事件の中に迷い込む。やがてたどり着いた哀しい真実の前に、二人が選んだのは―加速するイノセント・ヴァンパイア・アクション、第2弾!

人の血を啜る怪物の存在が科学的に認められた近未来。人々を“吸血種”から護るために設立された『捜査第九課』の唯一の課員は、美しき“真祖”の少女、櫻夜倫子―吸血種を狩る吸血種。彼女の相棒として第九課に配属された、バカだが熱心な新人・桐崎紅朗の仕事は、倫子に血を吸われることだけ!?それでも二人は少しずつコンビの絆を深め、吸血種感染を広める組織“王国”を追い詰めていく―血塗られた夜を疾る。『吸血種』と『人類』が法律上で共存している社会で生きている人々の日常とその世界観に思わず見入ってしまうくらいに面白かったです。これまでごくごく平凡な日常を過ごしてきた一般人であっても、吸血種がらみの事故に巻き込まれたことをきっかけに自らも吸血種に目覚めてしまう危険性を有する不安定な社会の現状。
人々を吸血種から護るために設立された捜査第九課のメンバーが出向く案件が吸血種が引き起こした事件が中心なだけに、多くの人間の悲鳴や絶望が切々と語られるときの地獄絵図が半端じゃないです。