読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ヴァルハラの晩ご飯 ~イノシシとドラゴンの串料理~

ヴァルハラの晩ご飯 ~イノシシとドラゴンの串料理~ (電撃文庫)

《あらすじ》
神界の台所“ヴァルハラキッチン”の夕飯時はいつも大忙し!ボク、喋れるイノシシのセイは主神オーディンさまの指名を受けて、そのお手伝いに来たんだ。―『料理される側』としてね!いや、確かにボクは「一日一回生き返る」っていう不思議な力を持ってるけど、でもだからって「毎日死んでご飯になれ」ってひどすぎない!?…まあそのおかげで、美しくて可愛い戦乙女・ブリュンヒルデさまのお傍にいられたりするから、すべてが辛いわけじゃないんだけど…。って、あれ、神界ナンバー2のロキさまがなぜここに?え、神界のピンチだから一緒に来い!?いやぁ、ボクただのイノシシですからってうわあああぁー。第22回電撃小説大賞“金賞”受賞作!神々の台所を舞台に贈る“やわらか神話”ファンタジー!

『喋れるイノシシのセイ』。まず主人公がイノシシである部分からして既にツッコミを入れたい気分ではあるけれど、そのイノシシが毎日食材として熱湯が煮えたぎる鍋にダイブをしてそのまま昇天する立場にあるところからツッコミが追い付かなくなった。何故イノシシなのか。北欧神話を舞台にしていることはあとがきからも語られているけれど、何故イノシシなのか。もっとカッコいい動物はいなかったのか?
それにしても、小柄なイノシシである要素が戦乙女たちの愛玩動物的ポジションに収まるおかげで役得につながったりしていて、イノシシもまんざらでもない姿には『このイノシシはなんて美味しいポジションなんだ!!』 羨ましい!
それでいて神界で人語を介するイノシシなだけに変化の魔術を使うこともできたりして、それがまたなかなかの美少年(挿絵付き)だったりするんだから驚きだよ。かわいくて美少女に人気のあるイノシシなんて調理されたらいいんだよ!!
それなのに神界のピンチの際は(イノシシのくせに)かっこよく活躍するくらいにイケメンで、戦乙女たちに(イノシシのくせに)好意を向けられてるんだから、もう言うことが何もない。もう永遠に鍋で茹でられてろ。