働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

偉大なる大元帥の転身2 勇者と炎上トーナメント

偉大なる大元帥の転身2 勇者と炎上トーナメント (ファミ通文庫)

《あらすじ》
「帰っておいでよ、ヴェーレス」合同調査の旅から戻ったケータに、四天王の一人ベスティアリはそう告げた。勝手な言い分に怒りながらも心がざわめくケータ。そんな折、学院は年に一度の創立祭の準備に沸いていた。イベントの華である精霊召喚タッグトーナメントで優勝を目指すイリスたちを尻目に、ケータは光の勇者や“白の腕”が賓客として訪れるその日こそ、元の世界へ還る糸口が掴めるのではないかと意気込むのだが…!?出直し異世界転戦記、第二巻!

日本から異世界に召喚されて魔王軍の四天王として活動していたマルミヤ・ケータが魔王の傍を離れるにいたったエピソードも語られる。魔王軍の四天王にして大元帥にも関わらず中身は人間のケータが異世界への帰還方法を探るべく人間の学院で生活を送るという危険なポジションが、様々なイベントを引き起こしてくれて面白い。
ケータの正体は学院内では誰一人として知る由もない状況のなかで、人間側で魔王軍の敵として立ちはだかっていた英雄が何の前触れもなくケータの目の前に現れてあわや大ピンチの状況に陥ったりと、正体をひた隠しにして送っている学院生活というのも新しくてよかったです。
1巻で『かつての自分の居城に学院生として立ち入って冒険』そして部屋に隠していた秘蔵の品が他の学院生に暴露されるも、知らぬ存じぬを貫いて内心大絶叫することになったあれもゲラゲラ笑いながら楽しむことができたけれど、2巻でも大いに楽しむことができました

2巻の山場でもある精霊召喚タッグトーナメントもヒヨコしか召喚をできないケータなりの奇策が功を奏して大奮闘。観客を盛り上げる戦いぶりも最高だったけれど、やっぱり魔王軍の大元帥なだけに策略が成功したときの爽快感もあって気持ちが良かったです。