読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

軍オタが魔法世界に転生したら、現代兵器で軍隊ハーレムを作っちゃいました!? (6)

ファンタジア文庫 ラノベ

軍オタが魔法世界に転生したら、現代兵器で軍隊ハーレムを作っちゃいました!? (6) (ファンタジア文庫)

《あらすじ》
リュートたちPEACEMAKERの活躍で幕を下ろした『魔術師殺し事件』。しかし裏で糸を引いていた組織ノワールの動向は、いぜん謎に包まれたままだった。再遭遇に備えてリュートは軍団を拡大。やがて運営も軌道に乗った頃、スノーの一族である『白狼族の村』に関する情報がもたらされた。スノーの両親を捜すこと。それは幼い日に交わした約束。軍団が順調な今ならと、リュートは彼女に決心を伝える。だが彼らを待ち受けていたのは、白狼族狩りの脅威で―!?試練の大地の強行軍!リュートとスノーに別れの時、迫る!?

リュートが孤児として育てられることになった生い立ち、魔術師殺し事件をきっかけに巻き込まれることになった組織の存在。リュートの現代兵器を持ってしても組織だった強敵を前に後手に回る場面も現れ始め、仲間たちがこれまでにないピンチを迎える個となるなど緊張した展開が多くありました。異世界人を一撃で仕留める攻撃力を備えた現代兵器であってもそれを扱う人間のスペックでカバーしきれない面が弱点となるのがとにかく痛い。それだけに、十分な備えで挑めば圧倒的火力で敵を葬る場面とリュートたちでも対応しきれない場面に陥ることがある二面性にメリハリがあって、これまでにない展開を楽しむことができました。

魔術液体金属で明確なイメージがあればどんな武器でも忠実に再現ができる力でこれまで多種多様な現代兵器を作成してきたリュートによる、ちょっとマニアック過ぎるであろう豆知識と現代兵器のメカニズム講座。興味がある人は自分で調べるでもして知識を深めるもよし、流し読みでだいたいのニュアンスでとらえてどのような感じに敵を殲滅する兵器としてとらえるもよし……この部分は読む人の好みによるものだと思います。流し読みで漠然と読み解くだけでも十分に楽しめる作品なので(本人の体験談)それほど身構えることなく読んで楽しめる内容です。

あとはタイトルのとおりにハーレムを堂々と形成していく一夫多妻制のファンタジー世界なので、たまにヒロインの幼馴染や吸血鬼やエルフとのイチャイチャした姿を楽しめるところが強み。たまにその開き直ったハーレム模様が周囲の人間の目に留まって嫉妬と怒りと災難を呼び起こすのがまた滑稽で面白い。スノーの両親が自分の娘がハーレム要因だと知ったらどんな反応をすることになるのか……