読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

絶対ナル孤独者 (3) ―凝結者 The Trancer―

電撃文庫 ラノベ

絶対ナル孤独者 (3) ―凝結者 The Trancer― (電撃文庫)

《あらすじ》
「私は、≪特課≫の人たちが好き。お願い、ミノルさん。みんなを守って」
凶暴なルビーアイ二体を倒すことに成功した≪孤独者(アイソレータ)≫ことミノルは、同じような能力を持つ≪味方≫が集まる厚生労働省安全衛生部特別課――通称《特課》にスカウトされる。
≪特課≫最強の能力者といわれる《屈折者(リフラクター)》小村スウとコンビを組んだミノルは、敵の隠れ家に侵入する作戦に挑む。そこで目撃したのは、最強最悪の敵《液化者(リキダイザー)》の意外な正体で……! 絶体絶命の窮地に陥ったミノルとスウの運命は……!

“ジェットアイ”を身体に宿す特課のメンバーと凶暴な“ルビーアイ”を身体に宿す異能力者たちの激闘はいつみても絶賛したくなるほどのクオリティーと情報量で熱い展開に目が離せなくなりますね。この作品を見ていて常々思うのは異能力バトルの醍醐味はシンプルな能力で自分の能力の活用方法を最大限に活かすことで、バトルに深みが楽しめることだと思う。ミノルのもつ孤独者(アイソレータ)としての絶対防御も当初は『自分の身の回りを守る絶対防御』のような特徴だったものが、突き詰めていくことで『非物質的な存在』『能力の内側からは弾性がある』『電離放射線の阻害』などなど。新たに解明されることが山のように出てきて読んでいるこっちも未知の部分が解明されていくワクワク感があって最高でした。
それ以外にも、『能力が展開されるときに周囲に存在するものを意図的にはじき出す』前回ユミコをルビーアイの攻撃から守る際に無意識にミノルが防御範囲内に取り込むことができたことがきっかけで、ユミコ&ミノルの合体技の『完全防御と最強硬度をもっての高速攻撃』への派生に挑んだり。
ミノルの周囲の人間は自動的にはじかれるのにユミコだけ取り込むという矛盾している理由を探るべく、ミノルの能力の本質に踏み込む場面に突入したり、まだまだ謎の多いミノルのジェットアイの能力ですが、その深淵に近づくにつれて未知が解明されていくときのワクワクは最高でした!