読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

オレと彼女の萌えよペン 増刊号

オレと彼女の萌えよペン 増刊号 (ファンタジア文庫)

《あらすじ》
「泉、今日も漫画のネタと『萌え』を探しに出かけるわよ!」
美少女オタクな萌え漫画家・生駒茉莉とコンビを組んだ俺の生活は、毎日毎日無茶ぶりとハプニングの連続で…「漫画喫茶で他の作品の勉強よ!」密室のフラットシートだし、距離近くない!?「学園祭で『カップル選手権』に出場するわよ!」俺と茉莉はフリだけなのに、ここまでやらせるの!?「女子の身体を描くために、エミリとみなせも水着になってもらうわ!」それ、茉莉の趣味じゃ…ってか、水着際どすぎでしょ!?あのグランプリから数年後。大学生になった茉莉と泉のデートも描かれる!最高に萌えて燃える、『萌えペン』短編集!

先日完結を迎えた萌えペンシリーズの短編集のなかにはふたりの高校生漫画家としてコンビを組んで見事グランプリに輝いたあの日の後日談が含まれているとあって、とうとう彼氏彼女の関係になった君島泉と生駒茉莉の惚気ている姿が見れて幸せでした。身も蓋もないことを言ってしまえば、「泉の気持ちに気づいておきながら彼に告白してきた衣実璃にもスポットを当ててほしい!」「一之瀬白雪も終盤になってアプローチを仕掛けてきたんだからもう少しだけ活躍させてもいいじゃないか!」などなど、個人的にこのキャラクターのほうが好みだ! という部分がどうしても出てくるからラブコメが業が深い。

それでもこの短編集は読んでみると「あっ、よく見るとお互いの名前の呼び方が違う!」「泉に対するリアクションも落ち着いていてまだあんまり意識してない頃かな?」といった感じに、これまでの一連の泉と茉莉の距離感の変化がうかがえて面白かったです。それに加えてもうひとつの著作である『お前をオタクにしてやるから俺をリア充にしてくれ』のキャラクターとこの萌えペンのキャラクターがコラボした短編も掲載されていて、両方の作品を読んでいる人間としては夢のような内容でした。
そして肝心の大学生になった泉と茉莉のデートは、泉が自動車免許の獲得からのドライブデートに派生してそれはもう最高にロマンチック! やっぱりラブコメって最高ですね!