読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ワールド・ティーチャー 異世界式教育エージェント 2

オーバーラップ文庫 ラノベ

ワールド・ティーチャー 異世界式教育エージェント 2 (オーバーラップ文庫)

《あらすじ》
異世界転生をした元・世界最強エージェントのシリウスは『後継者育成』を果たすため、弟子を教育していた。数年が経ち、生家を出て『エリュシオン学園』に向かい旅立つシリウス達。入学試験では、既に常人レベルを超えた彼らの魔法が、大きな注目を集める。だが、異端過ぎる彼らの“存在”は、貴族の生徒や教員から疎まれてしまう。そして彼らと同じく異端すぎるがゆえに、悩みを抱えていた少女・リース―彼女の運命はシリウスとの出逢いにより大きく動き始める!舞台を『学園』に移し、シリウスの異世界式育成ミッションは更に加速―!!

最強のエージェントだった少年に訪れる新たな出逢い――“学園編"スタート!!!
無属性魔法の使い手シリウスとレウス、エミリアの学園での清々しいほどの活躍とその異端さから学園の度肝を抜く才能の見せっぷりが、これまでのシリウスの弟子育成の成果を物語っていてとにかくワクワクする展開の連続。
貴族の世界で持てはやされて増長した態度しかとらない見るからに性格の悪い学園の生徒を、シリウスたち3人が正真正銘の実力で全てをねじ伏せていくバトル。学園内である程度の無法を押し通せるだけの権力を持つ貴族相手に好き放題やらせて、最後は徹底的にまでねじ伏せていくスタイル。どれをとっても文句がないくらいに正しい人間が報われる! そんな爽快感が味わえる異世界ファンタジー。
学園内という閉鎖的な環境なだけに、否が応でもシリウスたちの存在とこれまでの特訓で身に着けた実力が目に留まる世界にいるだけに、好意・敵意をもつ人間との接触は避けられない。敵意を持って挑んでくる人間はもれなく叩きのめして、好意をもって接する人たちとは学園内で楽しそうな企てを仕掛けていたり。総じていえば『楽しそうなことしかしていない』という感じですかね。
身も蓋もないことを言ってしまえば、「シリウスたちなら大丈夫だろ!?」みたいな安心感があるおかげもあって、戦闘で窮地にたつような緊張の場面があっても全部正面からねじ伏せる!! そんな先入観でストーリーを楽しめるので読んでいて気持ちがいいです。それに加えて、入学試験の異端さが功を奏して学園職員とのコネも生まれていて、どんな方面からの悪意にも対応手をとれる盤石な土台があるので、やっぱり安心感しか生まれない。
結論を言えば、メチャメチャ面白かったです!!