読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ありふれた職業で世界最強 3

オーバーラップ文庫 ラノベ

ありふれた職業で世界最強 3 (オーバーラップ文庫)

《あらすじ》
ライセン大迷宮を攻略した南雲ハジメは、シアを仲間に引き入れて中立商業都市フューレンへ。冒険者ギルドで行方不明者の捜索を依頼され、条件つきで引き受けたハジメだったが、探索場所近くの町にて予期せぬ再会を果たし―。一波乱も収まりふたたび捜索を開始したハジメの前に、圧倒的な力を持つ黒竜が立ちはだかる。さらに圧倒的な力で勝利したハジメたちの前に現れたのは、竜人族のティオという絶世の美女で―!?“最強”であることの覚悟を迫られる“最強”異世界ファンタジー、第3巻!

再会と別れ―― 少年は“最強"を歩み続ける
ハジメとユエの親密な雰囲気に隙あらばグイグイと横やりを入れるシア。シアのポジションが引き立て役兼かませ犬兼ギャグ要因として扱われていて、『好感はもてないけど見た目の良い面白いヒロイン』としての認識はゆるがない。あの煽り属性のあるウザいテンションはパーティーの雰囲気を盛り上げてくれるキャラクターとしては重要! ユエの正妻としてのポジションはハジメの態度から万に一つもゆるがないだけに、シアが絶対に優位に立つことの無い三角関係が面白く感じてくる。
そして数々の大迷宮の地獄を潜り抜けてきたハジメの最強を見せ閉めるだけの強さが、ハジメの前に立ちはだかる害意の全てを一撃でねじ伏せるカッコよさ。少しだけ中二病が混じっているかもしれないけど、この主人公に関しては『たとえ国家が相手でも俺の前に立ちはだかるなら容赦はしない』を実現するだけの強さと覚悟があって見ていて飽きないです。
王道なら向けられた悪意がめぐりめぐってハジメたちを窮地に追い込むのが鉄板の展開に思えるけれど、ハジメから向けられる『刃向ったら確実に殺されるだけの圧倒的な強さ』が全ての悪意を根本からねじ伏せるのが面白い。ハジメの冒険もほとんど停滞することなくスムーズに進んでいくので、常に新しいキャラクターとの出会いと別れを楽しむことができて良かったです。
冒頭に『再会』とあるだけに、ハジメと同じく異世界から転移してきた人物とはじめての再会あり、異世界転移組の動向がハジメとの接触により今後どうなるのかこの3巻だけでなく4巻の内容も楽しみになってくる。