読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

精霊使いの剣舞 (15) ドラクニアの竜王

精霊使いの剣舞 (15) ドラクニアの竜王 (MF文庫J)

《あらすじ》
「どうして、あんたがここにいる…?」霧雨の降りしきる帝都。囚われのフィアナを救いだしたカミトの前に立ちはだかったのは、聖国の手に堕ち、全盛期の姿を取り戻した“黄昏の魔女”だった。その圧倒的な力の前に為すすべもないカミト。だがそこに、かつて剣を交わした竜騎士レオノーラが駆けつける。「助太刀しましょうか、カゼハヤ・カミト―」カミトを蝕む“闇の精霊王”の力と、謎に満ちた聖国の暗躍、よく切れる“魔王殺しの包丁”、そして舞台は“竜王”の君臨するドラクニアへ―。「制服はそのままで結構です。ただ―下着は脱いでいただかなくてはなりません」「えええええっ!?」激動の大人気エレメンタル・ファンタジー第15弾!

黄昏の魔女・グレイワース vs カミト&レオノーラの決戦。夢の師弟対決とかつて精霊剣舞祭で剣を交えた強敵との共闘。シリーズで第15弾までストーリーが進展していくとかつては敵だった人間が味方になって、逆に味方が敵にまわって、長編ものならではの展開が生まれてきて味わい深い感じがしますね。もうとにかく全盛期の姿を取り戻したグレイワース=最強! この位置付けもあり、カミトとレオノーラがタッグを組んだときの激戦とどれだけグレイワースを打ち破ることが厳しいかを見せつけられました。
これはもう、カミトの身に宿る闇の精霊王の力を危険とわかりながらも引き出して戦いに挑むしかない。でもそこに踏み込むことでまた新たな危険を呼び寄せるかもしれない。ここに来て最大の壁にぶち当たってきそうな予感がするだけに、チーム・スカーレットの面々の活躍が楽しみです。

それともうひとつ、男で唯一の精霊使い(むかし他にも男の精霊使いがいた気がするけどそんな敵は放置して)なだけに、可愛いヒロインからのアプローチは避けレれないわけでして。今回で言えば、以前から人気投票企画でも高い人気をほこっていたであろうレオノーラ回とあって、チーム・スカーレットのヒロインたちにはない攻め方が見れて大変目の保養になりました! ドラクニア出身なだけに肉食系ヒロインらしい実に積極的なアプローチで、レオノーラ個人に対するカミトの好感度を無視して言えばこれまでで一番過激だったんじゃないかな。なんというか、絶対に既成事実を作る展開に行くことがないことをわかっていても、その光景を見ているとニヤニヤガ抑えられなかったです。