働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ぼくは異世界で付与魔法と召喚魔法を天秤にかける(4)

ぼくは異世界で付与魔法と召喚魔法を天秤にかける(4) (モンスター文庫)

《あらすじ》
グロブスターの持つ不思議な力によって、またしても異世界へとワープしてしまった賀谷和久とミアは、そこで街を破壊する巨大モンスターの集団に遭遇する。目の前で無残に殺されていく人々を放っておくことができず、モンスターと戦う決意をした2人だったが、彼らの前に「メキシュ・グラウ」と呼ばれる超巨大モンスターが立ちはだかる―そして、そんな和久たちの姿を、空から見つめる者がいた!?書き下ろし番外編『志木縁子に天秤はいらない2』も収録した「小説家になろう」発、大人気サバイバルファンタジー第4弾!

日本の高校生たちがある日突然、モンスターが蔓延る異世界に学校の土地ごと転移したことがきっかけで起こったサバイバル生活。ただひたすらにモンスターの討伐とレベルアップを繰り返して、異世界の探索と仲間たちとの共闘、さらには異世界での死線を経て歪んだ関係が争いを生むことになったり、ただただひたすらに異世界のサバイバル生活を書きつづったバトルファンタジーです。
登場人物の置かれた環境が殺伐としすぎて安穏とした時間を過ごす空間が圧倒的に少ない!
これまでモンスターにしか遭遇することのなかった異世界ではじめてとなる異世界人との接触を果たすことになっても、クラスメイトたちが異世界に呼び寄せられた真実の一端を明かされたとあっては、ある程度の自治が整っている異世界の集落で仲間たちとゆっくりするひとときなんてものも訪れることはないのか。
異世界の置かれた状況が刻一刻と破滅へと向かっているだけに、バトル要素が作品の9割を占めるので1冊を一気読みすることはできてもシリーズを一気読みするのはちょっと難しそうな作品だと思いました。しかしこれだけストーリーが進んでくると、格上のボスモンスター達との戦いや異世界を人類が取り戻した先にあるものが気になるので、なんとなく続きが読みたくなる作品です。