読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

剣魔剣奏剣聖剣舞

剣魔剣奏剣聖剣舞 (MF文庫J)

《あらすじ》
神より与えられし不壊の“神剣”とそれを駆る“剣聖”が祖国の威信をかけて戦う戦乱の時代。ラドガヴィガ王国から神剣を強奪した一匹狼の剣聖・リューインは美少女揃いの剣聖集団“絶華十剣”のひとり、ソーロッドの追撃を受ける。ソーロッドを軽くあしらって行方をくらました彼が逃げ込んだのは、王国と敵対するゼゼルク大公国の前線基地。盗んだ神剣をエサに大公国軍の食客となったリューインは、メガネっ娘書記官キリリクを引き連れ、ソーロッドがいる王国軍の要塞へ向かうが…?殺人、傷害、窃盗、脱獄、公然猥褻、覗きにセクハラ、あっちこっちでやりたい放題!?最強剣聖が世界を弄ぶ前代未聞の邪道戦記ファンタジー、堂々開幕!

MF文庫J感もありつつキャラクターの動きも活発的で骨太なファンタジー作品でした。神より与えられし不壊の神剣をめぐる剣聖たちの戦いと、神剣を集めてまわるリューインの旅路もこれから先の展開に興味がわいてくる演出が多くてかなり面白かったですね。
あとはなんといっても、リューインの飄々としたつかみどころのないキャラクターが彼の周囲にいる人間の感情を引き出して、彼に良いように引っ掻き回されて右往左往するキャラクターたちは見ていて愉快。
ジャンル的には戦記ファンタジーですが、戦いの前段階のちょっとした日常のひと時にもこの作品を楽しめるやりとりがあってメチャクチャ面白かったです。
そして剣聖どうしのバトルシーンの数々もここまで読んできてリューインという人間を理解しての彼らしい戦いぶりで、しのぎを削る熱い戦いというよりも相手を罠にはめて悠然と勝利するスタイルがちょっと新鮮でした。ラストの展開は物語が始まってからは予想もできない結末を迎えることになったので、2巻が出ることがあるならば是非とも読んでみたい作品ですね。