読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

空戦魔導士候補生の教官 (9)

空戦魔導士候補生の教官 (9) (ファンタジア文庫)

《あらすじ》
“魔甲蟲”という脅威によって地上を奪われ、天空の浮遊都市に人類が住まう世界。人類は魔力をもって“魔甲蟲”に対抗するウィザード―空戦魔導士を生み出していた。カナタ不在の中、空戦武踏祭が始まった。決勝トーナメントに進めるのは、バトルロワイアルを勝ち抜いた小隊だけ。しかしミソラはカナタのことが気にかかり、心ここにあらずで…。そんな中、ゼスの命を受けた“ベベル”代表小隊とリーゼリットが動き出す。教え子のピンチに、カナタは間に合うのか!?「あいつらの窮地に、俺がやらなきゃならないことがある―」裏切り者と落ちこぼれ少女たちの学園バトルファンタジー!

呪力でも崩力でもない新たな力を身に着けたカナタ・エイジのさらなる活躍とまだ見ぬ強敵との戦いに期待が高まるなかで、カナタの教え子たちが出場する『空戦武踏祭』のバトルロワイヤルで最大の強敵とぶつかることになってなかなかの緊張の展開。
指導教官ものとして、小隊内のチームワークと連携で実力以上の力を発揮することが持ち味の戦いなだけに、ミソラたち全員が一丸になっても厳しい難敵を相手に激闘を繰り広げていて読み応えのあるバトルでした。強敵を打ち破るための起死回生の一手を実現させるために仕掛けた布石や戦術が敵を打ち破る展開はいつみても面白い。
シリーズが進むにつれて浮遊都市ミストガンで裏切り者の烙印を押されていたカナタ・エイジも空戦魔導士としての力を取り戻していき、ミソラたちは実戦で強敵との戦いの経験を積みつつあるし、もしも空戦武踏祭の開催地である『ペペル』から帰還することになったときはどんな光景が待ち受けているのかが楽しみです。