読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

デート・ア・ライブ (14) 六喰プラネット

ファンタジア文庫 ラノベ

デート・ア・ライブ (14) 六喰プラネット (ファンタジア文庫)

《あらすじ》
新しい年を迎えた一月。精霊たちとの賑やかな初詣。新学期が始まった来禅高校。高校生、五河士道にとって当たり前の平穏な日常は、宇宙から飛来した隕石によってまたも壊される。「―私たちも初めて確認する精霊よ」宇宙に漂う第10の精霊、星宮六喰の手によって―。地球から宇宙への通信映像によって会話を試みる士道だが…。『うぬの偽善に巻き込まれるのは迷惑じゃ。二度とむくの前に現れるでない』これまでにない強い拒絶を受けてしまう。心に鍵を掛けて、感情を閉ざした精霊の内なる想いを引き出すため、デートして、デレさせろ!?

力を封印された精霊たちの賑やかで平凡な日常はキャラクターの数だけバリエーションが豊富な展開に流れていって尽きることがない。プロの漫画家で商業の世界で活躍するボーイッシュで快活な性格の二亜を新たなメンバーに加えて、既存のメンバーと分け隔てなく絡んでいる姿が見られて新鮮。精霊たちも含めて、『デートアライブ』で登場する数多くの女性キャラクターは短編集・本編のどちらもキャラクターが埋もれることなく印象に残りやすいので、キャラクター同士の掛け合いを思う存分に楽しめるところが最高にいいですね。

シリーズが進むにつれて士道のクラス担任のたまちゃん先生が抱える結婚に対する闇が深くなっていくのはもはや完全にネタと化しているのも定番。イラストの悲壮感ただようたまちゃんのイラストもマッチしていて文章からくる面白さを引き立てている感じが絶妙。

デートアライブの世界の核心にも徐々に迫っていき、空間震に伴って顕現する精霊の秘密や士道のもつ精霊の力を封印する能力、ラタトスクの創設者と士道の接触、DEM社が手に入れた二亜の精霊の能力の猛威、どれをとってもシリーズを追いかけてきたファンにとって目が離せない展開の連続で、クライマックスが近づくにつれて明かされる真相に一喜一憂することになってしょうがない。