読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ダメ魔騎士の英雄煌路(ヘルトシュトラッセ) (2)

ダメ魔騎士の英雄煌路(ヘルトシュトラッセ) (2) (MF文庫J)

《あらすじ》
混成国家ディアンタスとの『神闘』から一ヶ月。アルフとリーネは竜翔国家ドラクレアを訪れていた。名目上とはいえアルフとの新婚旅行。思いを馳せるリーネだったが「新婚旅行って…なんだったんでしょうね…」憧憬したイメージとかけ離れた小旅行に落胆しながら湯の中へと沈んでいく。到着したドラクレアでセンタリアの姫であるリーネは英雄アーロンの仲間・フィオナに『翔竜演武』への参加を要請される。両国友好のためリーネは竜を駆り大空を舞う『駆り手』の役目を承諾するが、リーネにはアルフに伝えていない秘密があり―!?ネクストヒーローファンタジー第二弾!

アルフが法術を手に入れた代償として立ちはだかる修羅の道。対国家間で取り決められる『神闘』が勃発したときの緊張感とルールを敷かれたバトルを勝利に導くための伏線・駆け引きが鳥肌が立つほど面白い!! デビュー作となる1巻から勢いが衰えない安定感のあるストーリーで、圧倒的に不利な状況から完全勝利に持っていくまでに積み上げてきた策が消化されていくときのカタルシスが最高です。

今度の『神闘』の舞台は竜翔国家ドラクレアと呼ばれる、もうすでに自国センタリアの領土ですらない状況で、戦いのフィールドもルールもアウェーななかでありながら最後の最後までどんな手段で一発逆転に繋げていくのか予想できない展開。詰んでいるとしか思えない場面からの急展開がよりいっそうバトルを盛り上げてくれて存分に楽しむことができました。これで新人賞受賞作品なんだからもう驚きしか感じられないですね。
まだまだ物語の続きがありそうな引きで終わらせてきているので、是非とも3巻の刊行にまで突き進んでいってほしいオススメのラノベです。