読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

アルカディア=ガーデンI ~Age of heaveN~

オーバーラップ文庫 ラノベ

アルカディア=ガーデンI ~Age of heaveN~ (オーバーラップ文庫)

《あらすじ》
ここはかの英雄が世界を破滅より救った空中都市“アーケイン=ガーデン”。かつて存在した「地上」は闇に汚染され、生きとし生けるものの世界は、天上の大海原へと移っていった。冒険者達は飛空挺で旅をし、魔の眷属を倒し人類圏を拓き―それはグレイ・アクスターも同じくだ。「スリヤっ!行ったぞ」「分かってるっ、大繁盛だねっ!」彼は今日も精霊族の少女・スリヤと共に“導書院”から発布される掃除の依頼へと赴いていた。未熟ながらも日々の仕事をこなし、冒険者としての腕を上げていた…ある日の事だった。彼らが出遭ったのは警戒の呼びかけがされていた、かつて英雄が滅ぼした邪神の核“黒の破片”を得た眷属で!?

10人の作家が作り上げるハイファンタジー、始動!!
この壮大で作りこまれた世界観、かつてともに同じ夢を追っていたグレイとその幼なじみフィリーシアとの間に芽生えた決定的な決別を生む瞬間。そしてグレイが冒険者として旅をする相方の少女スリヤ。ストーリーが進むにつれてこのキャラクターたちが騒動の渦中に巻き込まれていくなかで醸し出してくる、世界の命運の重要なキーパーソンになりそうな雰囲気がビシビシ感じられてくる。
10人の作家によるシェアワールドとなると、シリーズが進んでいくにつれて他のキャラクターとの出会いも発生して“夢のコラボレーション!”が楽しむことができるのではないかと期待がもててきそう。
ストーリー全体としては肉付けされた作りこまれた世界観が手堅くハイファンタジーで王道な面白さ。
空中都市“アーケイン=ガーデン”で生活する人類に特有の生活文化の数々と空中都市ならではのトラブルの日々。“空中都市!”このキーワードが既にロマンの塊にしか思えない。