読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

命がけのゲームに巻き込まれたので嫌いな奴をノリノリで片っ端から殺してやることにした2

HJ文庫 ラノベ

命がけのゲームに巻き込まれたので嫌いな奴をノリノリで片っ端から殺してやることにした2 (HJ文庫)

《あらすじ》
電脳ランドでのデスゲーム後、様々な人に傷痕を残しながらも平然と過ごしていた新井和馬。そんなある日、彼は鉄山徹子に孤島で行われるギャンブルゲームへと誘われる。人間の人生をいともたやすく壊す大金を賭け、和馬と徹子はチーム『クズ』として島へと乗り込むのであった。あの最凶のクズコンビが帰ってきた!!爽快頭脳バトルサスペンス第2回戦!

近年まれに見るクズ主人公の新井和馬と演技力抜群のクズヒロイン鉄山徹子のダブルクズによる頭脳サスペンス作品。ゲームの敗北が多額の借金と人生の崩壊に直結した環境でチーム“クズ”のふたりが対戦相手を躊躇することなくコテンパンに叩きのめす。もうなにからなにまでこれまでに読んだことの無いタイプのキャラクターと新展開の連続でした。1巻のゲーム参加にいたる記憶を封印されたプレイヤーたちが電脳世界と知らずに人間の本性をむき出しにして殺し合う展開も、かなり頭のネジが吹っ飛んで狂気に踊らされた光景の刺激的で良かったです。

1巻から2巻に物語が進むにおいて「実は電脳世界でした!!」
こんな真実が明かされたら、この作品は結局のところ本当に人間同士が殺し合うことがない……、そんな風に身構えながら2巻を読んでもそのたびに「え、そうなるの!?」と目を疑いたくなるような方向にストーリーが進んでいく。

「頭脳バトルなら知恵者同士の読みあい騙し合いがメインの高度な戦いが読みたい!!」
新井和馬と鉄山徹子のクズコンビによる蹂躙劇で満たされない部分があるけれど、それを差し引いても「この作品の続きが読みたい、気になる
!」そんな風に思えてくる作品でした。