働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

くじらな彼女に俺の青春がぶち壊されそうになっています

くじらな彼女に俺の青春がぶち壊されそうになっています (電撃文庫)

《あらすじ》
「先輩、くじらぶかですよね」
「は?」
「先輩はくじらぶかです。だから、マッコウクジラ団に入ってください」
「くじ…?マッコウ?」
「絶対ですよ!」
このように、謎の新入生(女子)に絡まれたことから、俺の平和な高校生活は崩壊していくのだった…。
「うーん、よくわからないけど、とにかく、なんだか楽しそうだね。わくわくするね。未知なる発見ができるよ。世界ふしぎ発見だよ」
お前面白がってるだろ……!

偶然出会った女の子に「マッコウクジラ団に入ってください」と迫られて入団させられる強引な導入から整合性をねじ込む王道感。
ごく普通の高校にある日突然巻き起こる様々な怪現象と暗躍する真犯人を追い詰めていくマッコウクジラ団。ミステリアスな展開が続くなかで徐々に事件の真相に迫っていく感じが、物語が進んでいくという実感とその先の結末がに対する期待感とが合わさってすごく楽しめました。
方言女子による鹿児島弁や謎に包まれているマッコウクジラ団の存在意義とその活動内容が、『くじらな彼女に俺の青春がぶち壊されそうになっています』の独特の世界観を出していて面白かったです。
あと、これはもう多くの人の感想が集まる『読書メーター』でも散々呟かれてる事実だけど、ラストにかけてジャンルが一変する展開は正直予想できなかったですw 「あっ、えっ、『先輩は、くじらぶかですよね』、あれってそう意味なのか」って感じでしたね。

イラストを担当している“あめとゆき”さんははじめてのラノベの挿絵の担当ということですけど、カラーイラストの女の子たちはどれも抜群に可愛いかったです。本文の間に挟むモノクロイラストは作品の面白さを引き出す風に感じられて、はじめてこの人のイラストを見た瞬間に好きになりました。個人的な願望を言えば、こういうイラストレーターさんにはもっとバンバン活躍してほしいですね。