読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

10年ごしの引きニートを辞めて外出したら 1 自宅ごと異世界に転移してた〈上〉

10年ごしの引きニートを辞めて外出したら 1 自宅ごと異世界に転移してた〈上〉 (オーバーラップ文庫)

《あらすじ》
10年ぶりに家の敷地から出る決意をした北条雄二は、呆然と立ち尽くしていた。それもそのはず、立派な引きニートと呼べる青年の目の前には、彼の知る日本は無く……、ここは見覚えのない景色とファンタジー生物が闊歩する異世界。そう、雄二は家ごと異世界に来てしまったのだ。「え、ユージ兄、外に出られたの!?」偶然その場に居合わせたのは従妹の郡司陽子。まずは彼女と協力して、この不可解な状況を整理する事に。そして間もなく、雄二は一つの違和感に気づく。「周りは森なのに、なんで水が流れるの? 電気も、ガスコンロも……」見知らぬ異世界で、なぜか繋がるライフラインとネット環境に雄二は……!?

自宅まるごと異世界転移、そして自宅のあった土地は完全な更地状態になり、その光景を家族が発見して大騒動に発展! こんな異世界ファンタジーこれまでに読んだことがないw


ざっくりと説明すると、異世界と日本のインターネット通信が可能ななか、家族に自分の安否を伝えて異世界からの帰還方法を探るためのサバイバル生活がスタート。電気、ガス、水道のライフラインは完全に日本に置いてきて断絶されたはずなのに何事もなく稼働。しかしその一方、消耗品の食料と生活雑貨の入手経路は調達不可能。転移先の自宅周辺は異世界の森林に囲まれ、自宅の敷地を守る謎のバリアーから一歩外に出ればゴブリンや怪鳥がうごめく環境。もちろん、自宅まるごとの異世界転移に巻き込まれたニートには一切のチート能力も備わることなく、手元にある武器のみで現状を打破するしかない。

見知らぬ異世界に転移をして八方ふさがりで、ごく平凡な生活しか送ってこなかったニートにとっては全てが未知の世界どうしようもない。そんなときの頼みの綱がインターネット上の2ch掲示板! さすが、無駄な知識をもった暇人ニートたちの集まる場所というか、質問を投げかけると『服の素材と人口規模から文明殿推測』『異世界のモンスターと戦うときの対策』について一緒に真剣に考えてくれるw
チート能力もない等身大の人間が現実に存在する物資を活用して異世界で生き抜く光景はもうある意味でリアリティーの塊。この先、日本に残された家族がどんな行動を執るのか、異世界に転移した主人公たちははたして無事に異世界人とコンタクトをとれるのか。それだけが気になってしょうがない。