読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ゴブリンスレイヤー 2

ゴブリンスレイヤー2 (GA文庫)

《あらすじ》
「どうか、わたくしどもの街を救っては頂けないでしょうか」
「救えるかどうかは、わからん。だが、ゴブリンどもは殺そう」
ある日、ゴブリンスレイヤー指名の依頼書が冒険者ギルドに届いた。差出人は水の街――辺境一栄える至高神の都の大司教だった。大司教はかつて魔神王を打ち倒した金等級の一人として、剣の乙女と呼ばれる英雄でもあった。彼女いわく、水の街の中に何故か小鬼が出るという。ゴブリンスレイヤーは妖精弓手、女神官、蜥蜴僧侶、鉱人道士とともに水の街の地下迷宮に挑む!
「この小鬼禍は、人為的なものだ」
蝸牛くも×神奈月昇が贈るダークファンタジー第2弾!

多くの冒険者が強敵の代名詞とも呼べるモンスター討伐に精力的に励んでいる裏で、力は弱いが知識を身に着けたゴブリンが徒党を組んで人間に襲いかかったときにどれだけの脅威になりうるのか。ごく普通の人間の生活の陰に潜む脅威として映す場面が多いだけに、ゴブリンに焦点を当てたときの危険度合いがさらに脅威に思えてくる。

ゴブリンとひとくくりに扱っても戦いの場とその集団の習性によって戦闘方法は多岐にわたっていて、非力ながらも知能を磨いて冒険者の予想もしない方向から攻撃を仕掛けてくるときの戦場の緊迫感が強烈。

これはもう、モンスターのなかの生態系のトップに君臨するようなやつが相手なら攻撃パターンにあわせた対策と戦闘スタイルを備えていけばやすやすと対応できるのだろうけれど、ゴブリンの戦闘方法は前回に引き続いて戦いのフィールドを組み込んだ戦術で攻撃してくるあたりが余計に性質が悪い。絶体絶命の展開に陥ったとき、死にもの狂いで生き残る手段を模索するパーティーメンバー。誇張抜きで2巻にして戦死するメンバーの登場を疑いたくなるギリギリの戦闘の連続。
圧倒的な人気をほこる大ヒット作品として絶賛される面白さがあって、この先もシリーズが続く限り追い続けたくなる作品でした。