読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

高度に発達した魔法は神の奇蹟と区別がつかない

高度に発達した魔法は神の奇蹟と区別がつかない (一迅社文庫)

《あらすじ》
かつていくつもの種族を滅ぼすほどの大戦を経験した人類と魔族は、一人の英雄の尽力により種族間の対立を乗り越え、千年の時を経て平和な世界の実現と技術発展を遂げていた。魔導技術の学府「ダナン魔導学院」の生徒であるエルド・アルウェンがある夜、高熱を出した妹のナナリーを見舞うため特別に学院女子寮を訪れていたそのとき巨大な地震が襲い、閃光とともに女子寮は見知らぬ大地へと転移する。転移した先は千年前、世界が混沌としていた戦乱の中世時代だった…。女生徒たちとともに過去へと時空転移したエルドは、風紀委員のケーネ、しっかりものの生徒会長で騎士科の優等生アレミアらとともに、元の世界へ帰るための手立てを探すが、手違いから大戦を終わらせた英雄バーゼフの命を奪ってしまい―。

女子寮が丸ごと集団転移をした先は千年前の世界。人類と魔族の大戦の最中に起こった謎の現象と突如現れた女子寮の存在がきっかけで、千年前の大戦に否応なく巻き込まれることになる。
女子寮で生活する生徒と主人公が巻き込まれることになった“集団転移”、女子寮に備わる“高度に発達した魔法”による文明の利器を維持する設備や衣食住を確保するための“サバイバル”、千年前の人間たちとの交流で現代世界への帰還を模索するなど、目の前の問題を解決するための準備に追われる日々。
大前提として掲げる“現代世界への帰還方法”に繋がるきっかけをほのめかしている節もあり、物語の終着点に結びつく展開が手の届きそうなところに容姿されているおかげで、『高度に発達した魔法は神の奇蹟と区別がつかない』という作品を結末まで読み切りたいと思えてくる。
というよりも、自分の長いラノベ生活の経験上から、この作品は徹頭徹尾に満遍なく高いクオリティでストーリーを進行していくので単純に完結するまで読みたいです。
これから先、どのようにして現代世界への帰還の糸口に繋げていくのか。そこは作者のさじ加減ひとつだけど、この作品が長期化しようがコンパクトに数巻でまとめようが、1巻を読んで『これからも欠かさず新刊を読破していきたい!』そう思えてくる作品でした。