読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

オタサーの姫と恋ができるわけがない。

ファンタジア文庫 ラノベ

オタサーの姫と恋ができるわけがない。 (ファンタジア文庫)

《あらすじ》
神園心路は高校入学を機に“バカにされようともオタ充になる”という目標を掲げていた―「あのね、ヒメ、心路くんの彼女にしてほしいの」―って入学早々に告白イベント!?だが、相手は『オタサーの姫』として学内で有名な花咲百合姫で!?しかも彼女は“二次元以外ありえない”と昔フッてしまった幼なじみ!?そう百合姫は心路の理想のヒロインになるため、オタク修行して現役ラノベ作家にまで昇り詰めてしまったのだ。心路は彼女のお願いでニジケンの復興を手助けするのだが―「色々危険だから勧誘は女子限定な」「うみゅ、まさかハーレムを作る気なの!?」するとオタクな美少女が次々入部してきて!?

「二次元の女の子以外ありえない……」小学生の頃に告白を断ったときのセリフがきっかけとなって、高校生になって再開した幼なじみが重度の“オタサーの姫”に!?
オタサーの姫花咲百合姫の好感度MAXのベタ惚れ状態からスタートする学園ラブコメ作品。ライトノベルというジャンルからオタクをテーマに物語が展開されていくこともあって、現存する有名なライトノベルのタイトルがトークの話題に盛り込まれていているところもあって面白かったです。
作中で百合姫が巻き込まれるトラブルがオタサーの姫といったらコレ!(偏見)と呼べる展開をその前後関係も含めて発生するので、サークルクラッシュするまでの一連の流れがどうやって生まれるのかよくわかりましたw

この作品を読み進めていくと、典型的なオタサーの姫の像を強烈に印象付けるために百合姫の語尾を特徴的にしていることから若干の抵抗感がありますが、ヒロインらしい可愛らしさを前面に押し出すことでその違和感が中和されるのでわりと好感触な幼なじみヒロインでした。
個人的には、神園心路が高校ではじめて友達になった隣の席のギャル系女子・空野継未が一緒にいたら絶対に面白そうないじりがいのあるキャラクターで、心路と絡んでいるときのリアクションも抜群に面白かったので一番好みのキャラクターです。おそらく人気投票でもしたら幼なじみを余裕で超えるんじゃないかな?
新人賞受賞作である前作に引き続いてラブコメ色の強い作品でしたけど、作品の雰囲気とイラストがマッチしていて個人的にもかなり好みの作品でした。次巻が刊行されるのなら是非読みたいです。