働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

現実主義勇者の王国再建記 1

現実主義勇者の王国再建記 1 (オーバーラップ文庫)

《あらすじ》
「おお、勇者よ!」そんなお決まりのフレーズから異世界に召喚された相馬一也の冒険は―始まらなかった。自らの富国強兵案を国王に献策したソーマは、なんと王位を譲られてしまう!しかも国王の娘が婚約者に…!?まずはこの国を立て直すため、ソーマは自身にない知識・技術・才能を持つ者の募集を開始する。王となったソーマの前に集まった五人の人材。果たして彼らはいかなる多種“多才”な能力を持っているのか…!?その現実主義的な思考は、ソーマを、そして国民をどのように導くのか―。革新的な異世界施政ファンタジー、ここに開幕!

異世界に召喚された相馬一也が成り行きで王位を譲られたことがきっかけとなり、国王として内政を取り仕切り国の抱える問題を次々と解決に導いていく異世界ファンタジー作品。
施政をメインに一也の生活が送られていくだけに、国の陥った窮地に対する解決策を思案することに没頭する毎日。異世界の価値観にとらわれることの無い斬新なアイディアと日本での生活で培われてきた知識でもって、国民の生活を豊かにしていく光景が国民のリアクションと共に楽しめて面白かったです。
異世界が育んできた文化と文明レベルのなかから、現実的で効果的な方法で国を発展に繋げているところが、着の身着のままで異世界に召喚された主人公に備わった知識だけで解決できるアイディアという感じがして丁度良かったです。

こういう作品を読んでいると『知識として知っている技術』と『知識として知っていてそれを実現させる技術』のレベルのラインには圧倒的な差があると思うんですよ。そこのラインを超えることなく、ある程度の指針を一也が示して異世界人が行動に移すことで実現できるレベルで国全体が活発化する。突然の一也の国王就任と革新的な政治、退廃した貴族たちの一斉摘発で一部の不穏分子を残した状況が順調に進む国の発展に緊張感を持たせつつも、次はどんな方向にい国を導いていくのかワクワクして楽しめる作品で面白かったです。