読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

特命生徒会 特別に命を奪うことを許可された生徒会

角川スニーカー文庫 ラノベ

特命生徒会 特別に命を奪うことを許可された生徒会 (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
「嫌いな奴の名前を書けば、“特命生徒会”が殺してくれる―」全国の学校で噂される、その組織は存在する。“特命生徒会”の会員・渡刈岬は、任務達成率100%の暗殺者。“生徒会長”黒沢雛藻の救出を命じられた岬は“豚小屋学園”に潜入するが、そこは外界から遮断された「監獄」で!?雛藻と共に豚小屋からの脱獄を試みる岬の前に、彼女を狙う暗殺者が次々現れ…。「必ず殺す」―殺し文句が響くとき、暗殺者たちの死闘が始まる。

厳重な警備と特命生徒会の思惑が絡み合う“豚小屋学園”の内部で起こる数々の騒動。生徒会長・黒沢雛藻の救出の前に立ちはだかる暗殺者たちとの死闘は、異能力による未知の攻撃に対する気の抜くことのできない徹底した警戒態勢が敷かれていて緊張感のある脱獄劇でした。

戦闘に不向きな生徒会長の保護が最優先事項なだけに、豚小屋学園の厳重な警戒網をいかに安全に脱出するかに重点が置かれていて、渡刈岬の任務鉄製難易度も跳ね上がることに。臨機応変に特命生徒会のみが扱える異能力を駆使することで、目の前の緊急事態に臨機応変に対応する場面も数多く巻き込まれることのなり、その都度、これから先の展開が全く想像することができない面白さがある。そのために、ひたすらページをめくった先に待ち受ける展開を追っていくしかないので、どのような結末を迎えるのかが最後まで読み切ったときに初めて知ることができました。
豚小屋学園での騒動は完全な決着を迎えるまで常に不吉な展開を臭わせる描写が作中に数多く存在していたので、任務達成にこぎつけたときの安心が格別でした。

この作品の唯一の救いは、特命生徒会や豚小屋学園で登場するヒロインの和やかな表情をカラーイラストにしてくれたれい亜さんの描いたヒロインを見るたびに癒されることですかねw 雛藻ちゃんは腹パンゲロインをかましたとは思えないくらい天使なキャラ