読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

転生従者の悪政改革録 3

ラノベ 角川スニーカー文庫

転生従者の悪政改革録 (3) (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
愛しの七海先輩と共に異世界転生した勇利。水泳部仕込みのアスリートスキルによって、魔法頼みの異世界を変えつつあった二人だが、獣が無差別に人を襲う“ビースト・ウェイブ”が突如発生し、国中が大混乱に!七海と共に獣を迎え撃とうとする勇利だが、何故か彼女に避けられてしまい!?王国崩壊&最強コンビ解消の危機!鍵を握る魔力至上主義の頂点・「冷酷」王女マーブルに、勇利の神魔眼(※ただの観察眼)が冴え渡る!

勇利と七海の先輩後輩の間柄を越えた信頼関係にふたりが協力して放つ魔法の予想外な関係性、そして七海先輩が自分のなかの勇利に対する気持ちをとうとう自覚しはじめて、これまでに見たことの無い七海先輩のリアクションが大量放出!

それに並行して、勇利と七海先輩が日本へ帰還するためのカギを握る道具の存在、勇利の魔法による未来予知がたどる最悪の運命を乗り越えるために奮闘する姿。反魔力至上主義の陰謀が張り巡らされているなか、勇利と七海先輩が無事に窮地を乗り越えることができるのか。本筋になる異世界からの帰還、七海先輩の恋愛模様、反魔力至上主義との衝突、この3つが休む暇もなくガンガンやってくるので、1冊とは思えないボリュームとスピードでストーリーが進行していきます。

勇利と七海先輩のふたりがお互いに向ける好感度の高さはこれまでにも散々目にしてきただけに、感情のすれ違いがきっかけでふたりの関係性に亀裂が生じるのも身を引き裂かれるように切なくなるし、「気持ちは口にしないと正確に伝わらないんだよ!!」とアドバイスを加えたくなるもどかしさも味わえて、『異世界ファンタジー』と『恋愛』どちらも申し分のないくらいに面白いです。