読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ヴァルハラの晩ご飯 2 ~オオカミとベルセルクの野菜煮込み~

ヴァルハラの晩ご飯 (2) ~オオカミとベルセルクの野菜煮込み~ (電撃文庫)

《あらすじ》
イノシシのセイです!前回世界樹を倒壊の危機から救って主神オーディンさまから英雄認定されたけど、結局ご飯になって生き返る毎日は相変わらずです…ひどいや!まあブリュンヒルデさまをはじめ、戦乙女9姉妹との距離が近くなってきた(気がする)のは嬉しいけどね!でもそんなある日、9女のロスヴァイセさまが巨大な狼へ変身する神技を失敗したショックで引き籠ってしまわれた。“狼のことは狼に聞け”。そう考えたボクは、一吠えで島一つを吹き飛ばすという魔狼“フェンリル”に会うべく、ブリュンヒルデさまたちと共に出発する。待ってて下さいロスヴァイセさま!あなたの心は、このボクが救ってみせます!第22回電撃小説大賞“金賞”受賞作の『やわらか神話』ファンタジー第2弾!

神話の世界を舞台にしたファンタジー作品かつ“イノシシが主人公”で毎晩、食材になるため熱湯が煮えたぎる鍋で晩御飯のおかずになる。これは何度振り返っても、イノシシが世界を救って神の御前で英雄認定されている部分に疑問符しか浮かばない(笑) このイノシシ、ただものじゃねえ!
これまでに経験したことの無い方向性からアプローチを仕掛けてきた作品でなおかつ、電撃小説大賞を受賞した作品なので、クオリティーと満足度にかなりの信頼度があることは間違いないけれど、なかなかに強烈なファンタジー作品。
そして、このイノシシ主人公・セイの“イノシシver”と“人間ver”の双方が好感の持てるルックスをしていて、イノシシverが愛玩動物的なポジションでコンパクトなサイズをしているために、ヴァルキューレ9姉妹と行動を共にするなかでうらやまけしからん展開に突入したり……。
そんなイノシシのセイが思いを寄せている9姉妹のひとりフリュンヒルデ様との恋愛模様も、関係の進展の有無はともかくとして面白いくらいにラブコメをしていて面白かったです。

本編も進行していくにつれて、まだまだ謎の多いセイの不死の秘密の真相に迫る展開に突入して、今後ますます熱く面白い展開に突入すること間違いない! 次巻も楽しみです。

イラストを担当しているファルまろさんの描くブリュンヒルデ様が猛烈に可愛いのは自明の理だけれど、その他の人外生物のキャラクターもガッツリ仕上がっていて、『ヴァルハラの晩御飯』の世界のイメージを引き立ててくれて最高でした。