読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

折れた聖剣と帝冠の剣姫(2)

一迅社文庫 ラノベ

折れた聖剣と帝冠の剣姫(2) (一迅社文庫)

《あらすじ》
互いに助けあって、新たな国を興すことを決意したルシードとファルシェーラ、コンスタンスの三人。期限つきのドラゴンとの契約に焦り、資金繰りに苦慮しつつも、三人は次の段階へ踏みだす機会をうかがっていた。そんなおり、エルドーム王国からの使者ファルシェーラのもとを訪れる。使者の名はエルドームの第五王女、リュシール。エルドームの鉱山から、劫炎禍の異名を持つ炎の魔物イフリートが現れ、魔物を倒すためにファルシェーラが持つ聖剣の力を借りたいのだという。申し出を受け、エルドームへと向かうルシードたちだが、その行く手にはイフリートの眷族たちが立ちはだかる。同じ王女の立場から友情をはぐくむコンスタンスとリュシールの未来は、そしてイフリート復活の裏に潜む陰謀とは―

長編ファンタジーの貫録、ルシードとファルシェーラとコンスタンスの辿る果てしなく遠く険しい道のりの要素に加えて「1巻を読んで川口士さんのファンになってしまったからには、この三人の冒険の行きつく先を最後まで見届けていきたい!!」そんな風に思えてしかたがない。ひとことで言って、壮大なファンタジー世界の旅路での些細な日常風景から緊張感が張り詰める戦いの場面に至るまでの肉付けが、ライトノベルが大好きな自分の経験則からしてものすごくクオリティーが高くて、ついつい読み行ってしまうくらい面白い。

一騎当千の強さをもつファルシューラやその他のキャラクターを含めて、運が悪ければ流れ弾の一発や剣の一突きが致命傷になりかねない極めて等身大な緊張感が漂う戦場の雰囲気。魔術を得意とするコンスタンスの魔術をもってしても救いきれる人間に限界があるなかで繰り広げられる炎の魔物たちとの戦いは、いつ誰がどんな状況に陥るのかが完全に予測不可能でページをめくる楽しみが抑えきれなくてたまらないです。
いやもう本当に、商業的にもドンドン売れてガンガン続巻の知らせが飛び込んできて、是非とも最終巻を迎えるまでこの冒険ファンタジーを楽しんでいきたいです。