読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

封印少女と復讐者の運命式

封印少女と復讐者の運命式 (ダッシュエックス文庫)

《あらすじ》
超巨大構造体〈エデン〉。この破壊不能な機械の迷宮の中で人々は生まれ、死んでいく。
かつて復讐に燃え、果たすこと叶わずに流浪の身となった元特殊部隊の青年・ノオトは、〈エデン〉の片隅にある小さなコロニーで枯れた暮らしをしていた。 
あるとき彼は、〈エデン〉を徘徊する最悪の殺戮兵器"アフレイド"の中でも、絶対 に出会ってはいけないとされる"封印少女"イドアリスと遭遇する。
「人間になりたい」と告げ、強引にノオトに同行するイドアリス。
それを機に、彼の復讐は再び動き出す。仲間を襲った青白い髪のアフレイド"姫"がノオトの前に姿を現したとき、彼は機械を暗殺する"最強のなりそこない"へと立ち戻る! ! 烈火のごとき殺戮プログラムに仕組まれた決戦が、始まる――。
圧倒的興奮と密度で贈る、究極のバトルファンタジー! !
第三回集英社ライトノベル新人賞優秀賞受賞!!

数多くの応募作品の中から審査員が目を通して選び抜いただけに安心のクオリティー! 新人賞買いをしていくと、自分が普段目にすることのないジャンルの作品にも出合えて、それでいて一定ラインの面白さが保証されているので本当に素晴らしいです。冒頭からSF風の世界観に引き込まれて、超巨大構造体“エデン”とコロニーで生活する人間たちをとりまく全容の概ねを把握できてからは、超巨大構造体とその内部を徘徊する殺戮兵器“アフレイド”の存在の不透明さがかえって良かった。
殺戮兵器“アフレイド”の中でも特殊な“封印少女”イドアリスと遭遇して、なかば強引に行動を共にするようになった主人公のノオトとの掛け合いも、イドアリスのあの特徴的な語尾を付けるキャラクターとちょっと直情的な性格が愛らしかったです。エデンの同じコロニーで暮らす年の近い女の子カナンは、エデンの独特な構造状登場する時間は少なかったけれど、カナンがノオトに好意を寄せているポジションとそれを引き立てる展開が強烈で、短い搭乗時間でかなりの存在感を醸し出していた感じがする。まあ、全体を俯瞰してみればイドアリスにメインヒロインとして軍配が上がるけれど、イドアリスとカナンとノオトの三人の絡みが増えたらいろいろと面白い修羅場が楽しめそうな光景が目に浮かぶ。

エデンの存在意義はこの1冊全てを読み切ってもいまだに壮大なベールに包まれている部分も多いけれど、もしも続巻が出るのであればこの作品の世界観をもっと味わいたいです。