働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

異世界とわたし、どっちが好きなの?

異世界とわたし、どっちが好きなの? (MF文庫J)

《あらすじ》
ノー異世界・ノーライフ。俺、市宮翼は異世界ハーレムを夢見る高校生だ。俺はある日、クラス一の美少女・鮎森結月と本屋のラノベコーナーで遭遇する。彼女は俺と同じ『異世界厨』だったのだ。「市宮くんは異世界に行ったらなにがしたい?」「ハーレムを作りたい」「バカじゃないの?」まあ、多少方向性は違っていたけど…彼女と『異世界トーク』で盛り上がった帰り道。俺は異世界転生的な手続きをする場所に飛ばされる。―これで夢が叶う!?しかし、現実は残酷だ。異世界に行くためのポイントが足りないらしい。そこで俺は一度現実に戻り、ポイント集めをはじめるが?異世界厨が贈る、現実の女の子もそんなに悪くはないかもしれないよね系ラブコメ!

「異世界転生ばかりさせてたら、トラックの運転手がかわいそうじゃろ!」
異世界厨のふたりの男女が異世界召喚を果たすため、女神に与えられる試練を乗り越えてポイントを稼ぐ。“異世界”と“学園もの”を両立させたラブコメを楽しめて、かつ異世界召喚/転生ものをネタにしたメタ発言の切れ味が鋭すぎてツボりました(目の付け所がすごい……)

夢に見ていた異世界にたどり着くためにクリアしなければならない女神の試練。うん、それが“その人にあったピッタリの難易度の試練”なのはわかるけれど、コミュ障のボッチにうってつけの高いコミュニケーション能力を試される試練(嫌がらせ)がぶっこまれていて、異世界の女神さまも人が悪い。
そんな“女神さまの試練”を乗り越える建前を振りかざして、「ポイントを稼ぐために、仕方がなくあんたに付き合ってるんだからねっ!」なラブコメ感満載な市宮翼と鮎森結月の掛け合いがまたなんとも微笑ましい。
うん、これは最高の異世界+学園ラブコメ作品だ!