読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う

自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う<自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う> (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
交通事故に巻き込まれた「俺」は、目が覚めると見知らぬ湖の近くに立っていた。体は動かず、声も出せず、わけもわからぬ状況に混乱し叫び出すと予想だにしない言葉が―!?「あたりがでたらもういっぽん」ど、どうやら俺は自動販売機になってしまったらしい…!選択できる行動は自動販売機の機能“のみ”。自力で動くこともできず、会話もまともにできない状況で異世界のダンジョンを生き抜くことはできるのか!?
小説投稿サイト「小説家になろう」で話題沸騰!ダンジョンの奥深くで出会った少女と自販機を描く、新感覚迷宮ファンタジー開幕!!

異世界に自動販売機として転生した主人公“ハッコン”が偶然知り合った少女“ラッミス”と共に行動をすることで、『自力で動くことができない』『会話もまともにできない』の問題点を次々と解決して、自動販売機の商品ラインナップが異世界でバンバン活躍していく展開が斬新で新鮮でした。これまでにも数多くの小説家になろうから書籍化された作品を読んできて、商品の帯にもなった『このすば作者“暁なつめ”のコメント』も込みしてこの作品を手に取ってみたけど、文句なしのクオリティーでかなり面白かったです。

自動販売機の体に生まれ変わったハッコンが異世界人の需要に応じた商品を導入することで、ハッコンのもとに訪れた客に商品を販売し、投入された硬貨がそのままハッコンの機能向上に直結。自動販売機の商品の種類も食品から雑貨に至るまで幅広く対応できるハッコンが、その商品のレパートリーと異世界人の数だけリアクションや派生する展開があって飽きることなく楽しめました。
イラストを担当しているのも“加藤いつわ”さんとだけあって、描かれているキャラクターの容姿も豊富にあったのでより楽しむことができました。