読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

妹さえいればいい。 5

ガガガ文庫 ラノベ

妹さえいればいい。 5 (ガガガ文庫)

《あらすじ》
伊月の担当編集である土岐健次郎(趣味:風俗通い)の推薦でGF文庫編集部でアルバイトすることになった白川京だったが、彼女を待ち受けていたのはバイトの領域を超えた恐るべき労働の日々だった。伊月や那由多といった問題児作家からの原稿回収、蚕のマンガのモデル(全裸)、那由多の取材(全裸)、連日の飲み会、作家や編集者からの無茶振り…。労働基準法なにそれおいしいの?社会の厳しさを知り大人の階段を昇る京(全裸)に、恋愛方面でも変化が…!?身も心もさらけだす出版業界ラブコメ、出版社はブラック企業!! 衝撃の第5弾!!

ライトノベルが好きであればあるほどに『コミカライズ化』『ラノベ原作アニメの打ち合わせ』『新人賞選考』などの、普段では除くことのできない業界の現状が赤裸々に語られるシーンが心に響く。ライトノベル業界に対する純粋な好奇心からページをめくる手がはかどるし、何よりも現実の作家が業界ネタを書いているだけに現場の生々しい悲鳴がたびたび聞こえてきて、思わず見入ってしまいました。
各話の合間にQ&Aコーナー、登場キャラクター紹介、作中作のあらすじ公開、新人賞作品の概要が挟まれていることもあって、全体的に小気味良くサクサクと進んでいくのですごく読みやすかった。平坂読先生の作品は本当に群を抜いて面白い(読めばわかる!)