読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

エルフ転生からのチート建国記 4

モンスター文庫 ラノベ

エルフ転生からのチート建国記 : 4 (モンスター文庫)

《あらすじ》
特殊部隊を編成し、帝国軍の大軍団を見事撃破したシリル。ルシエ、クウとの婚約も発表され、エルシエの民は三人の新たな門出を祝福した。そんな中、シリルは国をさらに発展させる次なる一手を打つため、商業都市エリンに特産品であるメープルシロップとワインを売りに行くことを決める。しかし、そのエリンでシリルは謎の尾行者の存在に気付く。どうやら、エリンの街を治める長が、エルフたちの動向を探っているようで―。「小説家になろう」発、大人気異世界戦記ファンタジー、待望の第四弾!!

人間、エルフ、火狐、多くの種族と文化が入り混じる異世界で、シリルの主導のもと取り仕切られる背策で成長していく“エルシエ”と、そんなエルシエの未来を背負ったシリルがエリンの街の長と交渉の場で繰り広げられる駆け引きが、魔法が通じる世界ならではの読み応えがあった。
交渉ごとの切り札になってくる情報の探り合いに魔法ならではの展開が絡んできていて、これまで全体的にワンサイドゲームに終わる戦いの多かったシリルに対して対等に渡り合ってくる伏兵が交渉の場に表れてきて、水面下での激しいやり取りが楽しめました。

戦記ものでは、戦いの舞台での活躍を中心に盛り上げる激闘の末に爽快感を味わうのもいいけれど、知識人同士の剣を置いた場での頭脳戦もまた見どころのある展開なので、エリンの街で起こった今回の一連の騒動はかなり楽しめました。