読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

俺を好きなのはお前だけかよ 3

俺を好きなのはお前だけかよ(3)<俺を好きなのはお前だけかよ> (電撃文庫)

《あらすじ》
『俺に尽くしたい』と切に願う、転校生の美少女。歴戦のラブコメ主人公のみ許されるオンリーイベントが、モブキャラな俺に到来だと!? でもな。ちょっと待ってほしい。世のラブコメ主人公と呼ばれる奴らは、転校生が急に好意を示してきたら、次の行動は実は『うろたえて拒否る』なのだ。ほんと、頭おかしいと思う。だが、俺は違う。徹底的に甘える。ひまコスも一緒に(パンジーはいらん)、モブだからこそ出来るハーレムルートを俺はゆく! ん? それじゃあタイトル詐欺だって? そ、それは後でなんとかする。そんな姑息な誰かさんに天罰が下ったのか、せっかく真実の姿になってくれた最強(属性:美少女タイプ)のパンジーと、俺は大喧嘩をしてしまう。……今回は俺が一方的に悪ぃ。仕方ねえ……こうなったら、覚悟を決めてパンジーに『告白』だ!!

電撃文庫大賞デビュー作からもっとも勢いのあるラブコメ作品かつ、もしもオススメのラブコメ作品を候補に挙げるとしたら真っ先にこの作品が上がるのは間違いない! ラブコメ作品の主人公よろしく、幼なじみと生徒会長を筆頭にした同年代の学友と仲睦まじく学生生活をエンジョイしてくなかでの、一癖も二癖もある捻くれ者の主人公の独白がキレッキレで笑いのツボを刺激しまくってくる。

それでいて、主人公のジョウロから幼なじみのひまわりや生徒会長のコスモスと絡むときのお互いの距離感と、本性をさらけ出して接してくるパンジーとの絡みとで、会話の流れの主導権からキャラクターの雰囲気がガラリと変わってくるので、『ラブコメ』の『ラブ』を抜いても有り余る面白さにあふれてる。とくにジョウロとパンジーが二人きりになったときのよく回る毒舌と言葉の応酬が抜群でした!

既に4巻の刊行まで軌道に乗っている(あとがきより)ようなので、次巻の発売が待ち遠しいかぎりです。