働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

最強喰いのダークヒーロー 2

最強喰いのダークヒーロー 2 (GA文庫)

《あらすじ》
異能武闘の伝統を土足で踏み荒らし、連戦連勝の快進撃を魅せる双士郎。彼の力を認める者も現れ始め、「阿木先輩って、かっこいいですね」序列六位のアイドル、神峰弓までもがファンと化し、双士郎に急接近。そしてチーム戦が始まり、序列二位率いる学園最強チーム『楽斗』が立ちはだかる―。最悪の男を滅ぼすため錯綜する無数の謀略。悪意の坩堝と化した学園で、しかし双士郎は不敵に嗤らう。「せいぜい後悔しない。『真剣勝負』の土俵に足を踏み入れたことをよ」外道VS外道。悪意対悪意。最悪の勝負師はアイドルさえも毒牙にかける。悪党をさらなる悪党が喰らう、痛快大物喰い、第2弾!!

極悪非道、冷酷無比がピッタリの性格をした主人公“双士郎”
これだけ強烈な個性が備わっている主人公を中心にしてストーリーが進行していくと、彼の毒牙にかけられたキャラクターの行く末がどれもこれも壮絶すぎて、思わずその展開に飲み込まれる魅力がある作品。
最弱×最強をテーマにした作品で、本当の意味で戦うためのあらゆる能力が絶望的に低い主人公が悪魔的な頭脳で敵に勝利していくプロセスがああの手この手で張り巡らされてい面白い。
学園内で繰り広げられるバトル『ソードウォウ』の対戦相手に勝利するために双士郎が仕組んだトラップの数々が、絶対に敗北することのできない勝負に100%勝利するために組み立てられたのだとしたら、その執念が末恐ろしい。
そして、双士郎の毒牙にかけられるのが味方にも及ぶことで、えげつないくらいに辱められるヒロインというのもまた新鮮でいいですね。人気アイドルが双士郎と出会ったがゆえに全世界にスカトロアイドルに仕立て上げられそうになる光景が楽しめるのはこの作品だけ。