読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

俺が好きなのは妹だけど妹じゃない

ファンタジア文庫 ラノベ

俺が好きなのは妹だけど妹じゃない (ファンタジア文庫)

《あらすじ》
成績優秀で、生徒会長も務める完璧優等生な中学三年生の妹、永見涼花がライトノベル大賞を受賞!?しかもその小説の内容は『兄を溺愛する妹のイチャイチャラブコメ』!?兄の俺にはいつも厳しいのに…。さらにはラノベや萌えがわからない涼花の頼みで、俺が代わりにラノベ作家としてデビューすることに!?それだけでも大事なのに出版された小説は空前の大ヒット!俺(妹)のファンという美少女たち、ラノベ作家や、イラストレーターが集まってきて―。涼花は取材のために、デートしたいと言ってくるし!勘違いしないでくれ、俺が好きなのは妹の書いた小説の『妹』で、目の前の『妹』じゃない。

大好きなお兄ちゃんの前では仮面をかぶり続ける妹が、妄想と思いのたけを書き連ねた小説を投稿した結果ライトノベル作家デビュー。妹は完璧優等生のキャラを演じ、兄は編集やイラストレーターに身代わりだとバレないように応対する日常。
何故か妹の担当編集につくはずの人間が居乳だったり、挿絵を担当するイラストレーターが美少女だったり、バイト先の先輩が妙になれなれしく絡んでくる美少女だったり。
お兄ちゃんの周りの女っ気の多さに危機感を募らせつつも、それをお兄ちゃんに悟られまいと平静を装ったときの混ぜこぜになったときのツンデレキャラが、偶然にも理想的な二次元妹キャラを突き進んでいて何とも言えない可愛さがにじみ出てる。
この表紙の妹イラストには、何も言わずに書籍を手を取ってしまう謎の求心力的なものが働いているに違いない。

ラノベ作家の創作活動のインプットのための一環として、『妹と一緒にエロゲー屋さんに突入しよう!』『妹と一緒にエロゲーをプレイしよう!』etc……。成績優秀で完璧優等生の妹と真逆のオタク街道を爆走したために妹ちゃんがオーバーヒートすることになったりと、オタク系ラブコメの王道を突き進んでいく展開だったけれどかなりぶっ飛んでいて凄く面白かった。
イラストレーターの“ぎん太郎”さんの描くモノクロ挿絵のクオリティーがかなり高くて、口絵のカラーで登場しなかったサブキャラもモノクロのほうでガッツリと登場させてきていてよかったです。
発売から月日を経て重版もかかるほどに今勢いのある作品でもあるので、今後の活躍が楽しみです。

女の子に夢を見てはいけません! (2) (富士見ファンタジア文庫)

女の子に夢を見てはいけません! (2) (富士見ファンタジア文庫)