読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ギルド〈白き盾〉の夜明譚 3

MF文庫J ラノベ

ギルド〈白き盾〉の夜明譚 3【電子特典付き】<ギルド〈白き盾〉の夜明譚> (MF文庫J)

《あらすじ》
“スノウホワイト”の討伐成功とスポンサーの獲得により、“白き盾”の経営状況は徐々に好転しつつあった。そんな中、マリールイズの元に“白き盾”の名を聞きつけた新たなランサー・竜騎士ティアナがやってきた。一騎当千の戦力を誇る竜騎士の加入は魅力的だが、莫大な維持費が必要となることを知ったレイは彼女の入団を断ろうとする。しかし、マリールイズが意外な行動に出たことで事態は思いも寄らぬ方向へ動きだす。さらに、気軽に引き受けた定期クエストからもきな臭い雰囲気が漂い始めて―!?夢と希望と赤字が織り成す、本格派ギルド経営ファンタジー第3弾!

ギルド《白き盾》お抱えの莫大なコストと維持費のかかるランサーを効率的に運用していく経営術、業界関係者を巻き込んでの交渉を突き詰めていく怒涛の展開がいつも最大の見せ場に持っていかれていて、この土壇場の状況をどうやってひっくり返すのかいつも気になってしょうがない。

少数精鋭とは名ばかりの弱小ギルド《白き盾》が何の後ろ盾もないまま、大手のギルドを相手に確実性のある『利益』を交渉のカードにするのは良いとして、作中の何気ないシーンが点と点で結びついて最終局面で活かされることになったときのスッとする感じが最高でした。

1巻の頃から、《白き盾》の高コスト低利益で、どう見てもお荷物でしかないランサーたちの現状をまざまざと見せつけておきながら、重大な局面では莫大な利益につながる唯一の存在になったり、逆境に立たされたときの覆し方がとにかく上手い。
この3巻で完結を迎えたのが残念ではあるけれど、機会があれば次回作が刊行されることを期待して待っていたいと思います。

ギルド〈白き盾〉の夜明譚 (MF文庫J)

ギルド〈白き盾〉の夜明譚 (MF文庫J)

ギルド〈白き盾〉の夜明譚 (2) (MF文庫J)

ギルド〈白き盾〉の夜明譚 (2) (MF文庫J)