働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

オタサーの姫と恋ができるわけがない。2

オタサーの姫と恋ができるわけがない。2 (ファンタジア文庫)

〈あらすじ〉
幼なじみのオタサーの姫・花咲百合姫隠れオタクのギャル・空野継未、天才科学者中学生・月島天架、美少女ゲー狂いの先輩・雪村雫九―高校オタ充デビューしたかった神園心路の思惑とは裏腹に、新生ニジケンは校内一強烈なオタク女子の巣窟と化した!こんなメンバーで、レジャープールに夏祭りなんてリア充イベントをこなせるのか?しかも夏合宿はコミケの3日間フル参加!?初心者の継未は心路に頼りっきりで―「今晩だけ…神園の部屋に泊めてほしいんだけど…ダメ?」まさかの急接近!?百合姫は相変わらずラブラブ一直線だし、ひと夏の恋が波乱を生まない…わけがない?

幼なじみのオタサーの姫である百合姫よりも、クラスメイトで隠れオタクギャルの空野継未のほうが断然可愛いという謎の現象。百合姫からの主人公LOVEなアプローチが積極的に行われているのだけれど、“オタサーの姫”としての振る舞いが染みついた百合姫の姿を第三者の視点で眺めていると、決定的なまでにヒロインとして好きになれない。相対的(百合姫と比較して)に継未のキャラクターを見ても、オタクトークにも対応ができていじられキャラとして振り回されている光景はメインヒロインを食う勢い。
アニメや漫画をはじめとして、実在するラノベをネタにしたトークにも親近感がわいて、趣味の時間を満喫しているニジケンメンバーの楽しいやり取りが見ていた楽しいです。

最大の難所は、オタサーの姫を天然で演じる百合姫のキャラクターが突出しすぎて、こいつが登場すると場の雰囲気を全部自分色に染めるところだな。継未がこの作品のなかで一番可愛い! そう思っている自分の感想としては、いっそのこと幼なじみの存在をなかったことにすれば文句なしに最高の学園ラブコメになるはず(断言)
そう、幼なじみなんて最初からいなかったんや……