働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

僕の地味な人生がクズ兄貴のせいでエロコメディになっている。

僕の地味な人生がクズ兄貴のせいでエロコメディになっている。 (ガガガ文庫)

《あらすじ》
私立聖実館高校で教鞭をとるヘタレ教師・村埜良二。彼は教育に対して人一倍の信念を持つものの、地味で根暗な性格のために生徒たちにナメられ、日陰な教師生活をおくっていた。ところがある日の朝、目を覚ますと良二のベッドに一糸纏わぬ教え子の姿があり大混乱。これはなにかの間違いだと思った矢先、女性経験皆無、奥手を地でいく彼がするはずもない出来事が起こり続け、良二は散々な目に遭う。彼は自身の二重人格を疑うが、その原因は生き別れのクズ兄貴のせいだった!?エロすぎ注意のクズコメディが今、始まる!

ライトノベルの性的描写はどこまで踏み込めるのか。クズで絶倫な兄を身に宿す呪いのおかげで、意識が入れ替われば美少女を口説いてセックス三昧。私立高校で教鞭をとる真面目な教師である“村埜良二”とは真逆の、アウトローの世界に生きてきて身に着いた独特の対人スキルが物語の展開に大きく寄与する場面も数多くあり、王道のレールをたどらない第三の道をたどるところが特に面白かった。
教師の目から逃げ回る不良少女の足を止めるために「お金上げるから僕とデートしてください!」なんて交渉を持ちかけるのは、聖職者としてはあるまじき行為なのはもちろんだけど、どんな綺麗ごとより否が応でも一発で意識を自分に向けさせるパワーワードを選ぶところがさすがです、クズ兄貴。

もうひとつ特筆すべき点として、『学校の生徒3人の処女を合意の上でのセックスで喪失』『生徒の母親とも出会ったその日にセックス』、直接的な性描写を避けてダイジェストで進行するだけにしてもかなり官能的な内容になっています。ヒロインの処女性については不可侵で絶対的なものだとは思っていたけれど、『俺は自分のセックスに絶対の自信をもっている。俺が抱いた女は必ず幸せになれる。いいセックスだったと満足する。心身ともにリフレッシュさせて、生きる力を与えるんだ。恋愛は駆け引きだが、セックスはヒーリングだ。』こんなことを豪語するクズ兄貴の手にかかると滞りなくヒロインの処女を散らせて快楽堕ちする姿が描かれているので、どうしようもなくエロかったです。