読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

遊者戦記 #君とリアルを取り戻すRPG

遊者戦記 #君とリアルを取り戻すRPG (ダッシュエックス文庫)

《あらすじ》
人見知りだがそれを決して認めない“オンラインぼっち”ゲーマーのリオは、後輩・サクラに誘われ、あるゲームに参加する。それはSNSにばら撤かれた暗号を解き、現実世界に隠された“扉”に辿り着けた者だけがログインできる、世界初のVRRPGだった。ドラゴンやゴブリン、そして剣と魔法に彩られた“リアリティのありすぎる”大冒険に心躍らせるリオとサクラ。2人は溢れんばかりのゲーム愛とセンスで瞬く間にトッププレイヤーに登り詰めた。だが、夢中になって楽しむからこそ彼らは気づく。世界の真実に迫るとき、現実の未来はあまねく全てのゲーマーに託されることを。遊者が世界を変える!人類史上最大最高の実況プレイ開幕!!

ゲーマーたちがVRRPGをエンジョイするプレイスタイルはもちろんのこと、パーティーを組んでボスモンスターに挑むときの一体感と緊張感、モンスターのイレギュラーな攻撃や戦闘フィールドの特性を活かしたギミックにあふれる戦局展開もあって凄く面白かったです。ゲームのシステムによって裏打ちされたモンスターなだけに攻略の起点となる弱点は備わっているわけだけど、初見のボスモンスターを相手にするなかで得たわずかな情報から推測を立てていく戦局展開のさせ方は個人的にかなり好み。プレイヤー自身がゲームの世界に等身大の視点でもってプレイして、生きたモンスターを相手にしている雰囲気があるのが最高。こういう、実在のゲームでは到底不可能なイレギュラーな展開にあふれた戦闘が楽しめるのはVRゲーム作品のいいところだと思う。

物語終盤にかけての展開に触れるとなると全体のネタバレに直結するので序盤の部分にだけとどめておきたいと思います。
とりあえず、前作の『ウィッチハント・カーテンコール』を読んでおけばいいんじゃないですかね。デビュー作のあの作品を読んで『この作者さんが書いたものなら買って損はないな!』という流れで入った口なので、まずは『ウィッチハント・カーテンコール』から入ればおいいと思います。個人的には『ウィッチハント・カーテンコール』>『遊者戦記』の順でオススメなんで、『ウィッチハント・カーテンコール』をオススメします。(本作品について触れられることが少なそうなので露骨な宣伝をしてみました)