読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ギャンブル・ウィッチ・キングダム

ギャンブル・ウィッチ・キングダム (GA文庫)

《あらすじ》
―魔女を殺す。賭け事の勝敗で全てが決まる世界で、『運に見放されし者』ウィルは己の知恵と策謀だけを頼りに『賭博師』の頂点を目指していた。その目的は世界を管理する唯一魔女フォルトナに謁見し、復讐を果たすこと。だが、魔女のお膝元・賭博都市ラズウェルに着いて早々運の無さを発揮した彼は、賭博師の少女・リゼットとのトラブルに巻き込まれる。「人の初キスを奪っておいて、自分は被害者?許さない、許さないっ」「(ああ―いつも通りついてない)」『馬鹿正直』と揶揄される彼女と成り行きで同行することになったウィルは、やがて賭博都市を密やかに覆う闇と対峙することになり―!?
第8回GA文庫大賞優秀賞受賞作!

1000分の1の確率でハズレを引くくじ引きですら運に見放され確実にハズレを引かされる。そんな体質に貶めた魔女に復讐を遂げるために賭博師の世界に足を踏み入れた少年ウィルと、偶然(不運なことに)街で出会い行動をすることになった少女リゼットとの日々は、リゼットの蔑称にもある『馬鹿正直』と駆け引きがものをいう『ギャンブル』が一見優勢に思え局面が仲間であるはずのリゼットによるフレンドリーファイヤーが炸裂し、勝負の展開とは別な意味でヒヤヒヤさせられっぱなしでした。
ウィルの持つ不運の死角から訪れる不運(リゼット)、不運の二段構えで抜かりがないw

ウィルの賭博師としての戦いは、限りなく運の要素を排除して全てを己の知恵と策謀で勝利をもぎ取るスタイルなだけに、勝負に挑んでいるときや何気ない出来事のなかから頭の回転の良さがうかがえる。リゼットとはじめて出くわしてトラブルに巻き込まれたときも、『リゼットに出会ったときの状況』『出会うまでに至る流れ』『リゼットから発せられるセリフ』などから、作中に描かれていないリゼットの動きを生み出したり、物事の真相を突き止めるまでのプロセスが肉付けされていてよかった。冒頭で主人公の“知恵と策謀だけを頼りにする”キャラクター象も固まって、『ギャンブル・ウィッチ・キングダム』という作品全体を通して楽しむことができました。