読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

転生少女の履歴書 3

ヒーロー文庫 ラノベ

転生少女の履歴書 3 (ヒーロー文庫)

《あらすじ》
リョウは王立学校に入学して2年目を迎えていた。魔法使いではない生徒にも魔法に関する書物を閲覧する権利を求めて、デモ活動に力を入れるリョウ。ドッジボールを広め、社交場を作ることで、様々な生徒から署名を得ていた。だが、学園で最も権力のある生徒、ヘンリー王弟と思わぬところで遭遇したことで、魔法使いや王族に対して複雑な思いを抱くようになる。また、嘆願書を通すために、自分の立場向上をはかるリョウは、商人としての名声を得るため活動を始める。しかし、ある日、腐死精霊使いでもあるシャルロットの魔法を見て、とある物の作成を思いつく。
今度はデモ活動、ドッジボールの普及、商会の設立、闇取引……! ? 元・女子高生は異世界でどこへ向かうのか?

異世界に転生した女子高生の地の頭の良さと前世の知識、そして異世界に存在する魔法を組み合わせて商人としての地盤を着々と固めていく姿には、その功績が将来にどんな影響をもたらすのかが気になる。
異世界で不要の産物として冷遇を受ける腐死魔法使いの能力から新たな特産品の生産のヒントを見越して腐死魔法使いの需要を生み出し、火魔法使いの魔法行使に必須の火種を簡便に生み出すマッチの開発で、学校の教師とコネを得たり。リョウの学校内での日常風景と成長をヒーロー文庫特有の大ボリュームで書籍化されても、純粋にリョウがどんな人生を送っていくのかが気になるのでずっと読んでいられる。
特筆すべきセールスポイントと言われたら『ある種の異世界学園ファンタジーなのかな?』というくらいですかね。女性主人公でなかなかに破天荒で肝の据わった性格をしていて行動力もあるので、波乱続きのスクールライフを送っているところが面白かったです。

それはそうと、アランのけなげで不器用なアプローチのことごとくがリョウを素通りしてはや数年(学校生活では2年目)。リョウのなかでのアランの認識が『ひとりの男子』として認識されていないことが一人称視点でまざまざと語られると、アランの無様さを通り越して滑稽に思えてきてならないんですけど、どうにかならないんですかね。