読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

かくて飛竜は涙を流す The Dragons’ Tear

かくて飛竜は涙を流す The Dragons’ Tear (講談社ラノベ文庫)

《あらすじ》
「ソウタ。私と竜に乗ってほしい」長く続く戦争の中、帝国空軍のエースガンナーとして連邦空軍の敵を撃墜してきたソウタ・カシワギは、ある戦闘で敵―竜騎兵の少年を撃つことができず、戦争が終わったこともあり、除隊処分となってしまう。自らの行くべき方向に迷うソウタの前に現れたのは、“ドラゴンスレイヤー”―人に害為す“黒の竜”を狩る一団の船長と、竜騎兵の少女・シノだった。急かされるようにシノの操る竜に乗せられるソウタだが、目標を捉えたとき引き金を引くことを躊躇してしまうのだが―。第5回講談社ラノベ文庫新人賞“大賞”受賞、少年と少女が竜と人とを結びつけながら、空を翔ける物語。

作品の肝にもなる表紙イラストがこれだけ落ち着いた色調に留めたことで、帝国空軍のエースガンナーを除隊処分になった少年ソウタ・カシワギと竜騎兵の少女シノの物語に深く入り込んで楽しむことができた。そこまで深い意味はないのかもしれないけれど、キャラクター容姿を流行のイラストに寄せずにあえてこのような形で送り出したなら、「丁寧に作り上げられた描写や登場人物たちが暮らす世界がたどってきた壮大な歴史の肉付けがしっかりとされていて読み応えのある素晴らしい作品」と断言できるけれど、いざこれを店頭で手に取って購入するとなったら若干のマイナ方面のバイアスがかかりそうに思えてならない。
この作品を最後まで読み切った自分のイメージからすると、物語全体の雰囲気とイラストのバランスの調和が取れていて良いイラストレーターとの組み合わせだったと思う。

他の読者の感想を眺めていて、『ストーリーにあわせてキャラクターが動くことなく、本当にキャラクターが存在して意思をもって行動しているみたい』という意見もあって凄く共感できる。ソウタとシノの出会いからお互いをパートナーとしてドラゴンスレイヤーの活動をしていくなかで発生するトラブルや選択を迫られる場面に立たされたときに、理屈や常識を放り投げて立ったひとりの女の子を優先して感情に身を任せる姿には思わず胸が熱くなりました。