働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

白き姫騎士と黒の戦略家

白き姫騎士と黒の戦略家 (講談社ラノベ文庫)

《あらすじ》
エルベリスの若き騎士、ジーク・クライバーは夢想していた。王太子レオンハルト・エルベリスを支え、エルベリスの腐敗を一掃し発展させていく未来を。しかしその夢は、隣国ゼドニアの侵攻、そしてゼドニア軍を率いる勇者王ベルトランの手により断たれてしまった。ジークは誓う。無敵の力を誇る勇者王ベルトランを倒し、エルベリスを護る、と―!どちらがレオンの右腕かを競い反目し合っていたレオンの妹姫・リーゼロッテとも手を取り、エルベリスを救うための姫騎士の高潔と戦略家の知謀が光る!第5回講談社ラノベチャレンジカップ“佳作”受賞の戦記ファンタジー、開幕!

キャラクターの怒りと悲しみを挿絵でストレートにぶつけてくるのはもちろんのこと、どんな善人もどんな強者も戦いに敗れれば剣のひと振りで命を刈り取られる戦争の無慈悲さをまざまざと見せつけてくる戦記ファンタジー。それだけに両軍で容赦なく命の奪い合いが行われているリアルな姿が、これまでにあまり類を見ないタイプの戦記ファンタジーの面白さがあり作品の世界にのめりこんでしまいました。

エルベリスの戦略家ジーク・クライバーの生い立ちとその経歴もなかなかに壮絶な背景があるのはもちろんのこと、“戦略家”というポジションで致命的なまでに“味方からの信頼”が得られない実態が焦燥感を加速させる良い要因だったのかもしれない。ジークの建てる戦略は華麗なものとはお世辞にも華麗なものとは言えないけれど、その実もたらすであろう戦果が目の前に見えているだけに、『戦略は完璧だが味方の士気と正確な連携の不和』が最悪の結果をエルベリスにもたらさないかが気が気でなかったです。“エルベリス”という国の騎士が持つ『正々堂々と真正面から敵を打ち破ってこそが真の騎士』『策を弄して小手先だけで戦うなど卑怯』などの固定概念が多数派を占めるだけに、最終的な勝利を見据えて動くジークととことん反りが合わなくてハラハラさせられる。

それら全てをふまえて、敵対するゼドニアの勇者王ベルトランの有する絶大な力と勇者王の存在が放つ圧倒的な敵軍の士気の高さと統率力でもって攻め込んでくるので、死線と隣り合わせのギリギリの戦いを繰り広げていて読み応えがありました。
次回作に着手するのであれば、今後はどういった形で活躍を見ることができるのか楽しみです。