読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

文句の付けようがないラブコメ 6

ダッシュエックス文庫 ラノベ

文句の付けようがないラブコメ 6 (ダッシュエックス文庫)

《あらすじ》
数多の被験者のうち、“非人道的実験”に成功して生き延びることができたのは少女Aだけだった。世界を救う英雄たる使命を背負った少女A。周囲にあるのは無数の書物が並ぶ図書館のみ―彼女の心象世界には時間も空間もない。世界救済を探るためのあらゆる可能性を、ただひたすら演算するだけの存在として、少女Aは存続していく。そんな彼女の前に突如、異物たる少年Bが現れてこう言った。「お前さ。俺と結婚しねえ?」「はい。よろしくお願いします」永遠とも思えた輪廻の果てに待つ、少女Aと少年Bの結末とは?『文句の付けようがないラブコメ』がここに終わり、そしてまた始まる―

長いプロローグの結末でもあり新たな展開のスタートにもつながるこの6巻には、神鳴沢セカイと桐島ユウキの世界を巻き込む壮大なスケールのラブコメが惜しみなく描かれていて、この先にたどり着くであろう誰も文句が付けようのない、ただ一度きりのラブコメがどんなものなのかが期待が高まる。
いったいどれほどのものか想像もつかない、四十六兆の四十六兆乗もの世界を越えてたどり着いたひとつの運命。そんな状況に至るまでに巡ってきたセカイとユウキの運命の物語の全てを見てきただけに、世界を救う使命を背負った少女の物語がひとつの終着点を迎えたことに胸がすく思いに駆られる。

神鳴沢セカイと桐島ユウキの新たな物語りの幕開け。四十六兆の四十六兆乗分のラブコメがいったいどのようなものになるのか楽しみです。