働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ありふれた職業で世界最強 5

ありふれた職業で世界最強 5 (オーバーラップ文庫)

《あらすじ》
香織をパーティーに迎え、ミュウの故郷である“海上の町エリセン”を目的地に、グリューエン大砂漠をブリーゼでひた走るハジメたち。道中、砂漠でサンドワームに襲われていたアンカジ公国のビィズを救出する。聞くところによると、ビィズは原因不明の水質汚染で倒れた国民を救う手立てを探し、近隣諸国に救援を求めるために国を離れていたのだという。原因不明の病気を直す鍵は“静因石”という鉱石。その鉱石は七大迷宮のひとつである“グリューエン大火山”で採取できると言われていた。攻略ついでに採取に向かったハジメだが、そこで思わぬ強敵の襲撃を受けてしまい…!?“最強”異世界ファンタジー、第5巻!

このライトノベルがすごい2017 第49位にランクイン(協力者枠で投票しました)した異世界ファンタジー作品。

異世界に召喚された南雲ハジメとユエ、シア、ティオに加え、ハジメのクラスメイトである白崎香織までパーティーに参入することで、ハジメをめぐるラブコメ劇に新たな起爆剤が投下されて面白くなってきたぞ(笑)
ハジメ×ユエの間にある強固な関係性に臆せずにアプローチを仕掛ける香織がこれまでに例を見ないシチュエーションで展開されるラブコメを生み出していて、物語りの本筋である『異世界全土を渡り歩いて迷宮を攻略するハジメの旅』のさなかの清涼剤のような役割になっている感じがしますね。
香織を除くパーティーメンバーのステータスからも異世界で無類の強さをほこり、旅の道中で遭遇するトラブルや迷宮攻略も難なくクリア。そんなメンバーが寄り集まっているだけに旅の道中はどこでも精神的余裕にあふれていて、いつでもどこでも突発的なラブコメ・ギャグ展開に派生してシリアスな空気を吹き飛ばしてくれる。ティオのド変態な性格いじりやシアの除け者扱いもここまで長い時間旅を続けると地味にネタとして確立されていて、キャラクター同士の掛け合いが抜群に面白かったです。

そんなハジメたちが異世界に点在する迷宮を攻略する裏で暗躍する勢力の存在。敵勢力の人物から語られる意味深な発言。広大な異世界で二つの勢力が今後どのような形でぶつかりあっていくのかも非常に楽しみですね。