読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

俺が好きなのは妹だけど妹じゃない 2

ファンタジア文庫 ラノベ

俺が好きなのは妹だけど妹じゃない2 (ファンタジア文庫)

《あらすじ》
「お兄ちゃんはどこまで迂闊なんですか…っ!」ラノベ大賞を受賞した妹、涼花の代わりにラノベ作家としてデビューした俺、永見祐に早くも最大の危機が訪れる―。ラノベ作家の氷室舞から「俺が本当に永遠野誓なのか?」疑われてしまう。俺の不注意に怒る涼花だが「逆にチャンスなのでは…?」と途中からなぜか嬉しそうになり、出した解決方法は―「お兄ちゃんは、私とイチャイチャしてください!」だと!?『妹モノを書くラノベ作家は妹好きに決まってます作戦』が発動され、俺と涼花はショッピングモールや、海でイチャイチャを舞に見せつけることに!?もちろん演技だからな。

お兄ちゃんが好き過ぎるけど素直になれない妹の永見涼花とその気持ちに毛ほども気がつかない兄の永見祐の絶対に交わらないラブコメ劇よりも、プロのラノベ作家として活躍している同級生の氷室舞のほうがヒロインとして高いポテンシャルを秘めていて、もっと舞にスポットを当てた物語になってほしい(願望)

兄である永見祐のもっとも身近にいる人間であり家族でもある(義理の妹じゃないのがおしいです)永見涼花の距離感は、絶対に越えられない“家族”としての線引きがある点が、出番の多いキャラクターの割に好感が強く抱けない。涼花の素直になれない性格を包み隠さずにアプローチを仕掛けたらそれはそれでキモいくらいにラブラブオーラを出しそうで遠慮したいけど、終始ツンデレの涼花を見せられると消化不良でモヤモヤする。そんな風に思っていると「あれ? このキャラ完全に八方ふさがりじゃない?」という結論に至り、自分のなかのこの作品のメインヒロインが相対的に同級生の氷室舞に繰り上がるわけです。
もっとも、「あんたが本物の永遠野誓(ペンネーム)なのか全部知り尽くして暴いてやるんだから!!」とまで舞に宣言されても気がつかない(涼花はこれを側で聞いて顔面蒼白)主人公ですから、真剣な恋愛方面に発展するとは思えないけど。舞が不憫でしょうがない……

そんな舞とのいざこざをきっかけに、永遠のワナビ作家から脱却できる糸口をつかんだ祐が死ぬ気で書き上げた原稿。これがはたして次巻にどんな展開を巻き起こしてくれるのかが楽しみです。