読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

女神の勇者を倒すゲスな方法 「おお勇者よ! 死なないとは鬱陶しい」

ファミ通文庫 ラノベ

女神の勇者を倒すゲスな方法 「おお勇者よ! 死なないとは鬱陶しい」 (ファミ通文庫)

《あらすじ》
女神に祝福されし勇者の天敵は、人類最大の裏切り者!?
「勇者共をどうにかしてくれ!」いきなり剣と魔法の世界に召喚された外山真一に召喚主の“蒼の魔王”は土下座で頼み込んできた。魔王は可愛い娘のために、美味しい食料を求め人間界に来ただけで、人類に危害を加える気はないらしい。なのに殺しても蘇える勇者達に毎日襲撃され困っていたのだ。せっかく異世界に来たんだし、と真一は勇者撃退に乗り出すが、彼の策略は魔族すらドン引きするものばかりで――!! 第18回えんため大賞特別賞受賞作、魔王の参謀となった少年の勇者攻略譚、登場!

いくら殺されても死なない勇者を再起不能に陥れる手段には仲間もドン引き!! 異世界に召喚されて魔王軍の参謀に就くことになった外山真一のゲスな策略にはめられる勇者の姿は痛快の一言に尽きるけれど、純粋無垢な僕っ娘勇者アリアンちゃんがゲス色に染められるのはえもいわれぬ背徳感があってたまらなかったです。異世界ファンタジーでおなじみのスライムも登場して、素晴らしい具合にアリアンの衣服を溶かしてくれるのも、そのシーンの挿絵を描いてくれるイラストレーターの遠坂あさぎさんの素晴らしいイラストも、どちらも最高に楽しめました(眼福)

真一の魔王軍参謀としての実力と安定したゲスキャラで、物語の多くの場面において会話の主導権と場の雰囲気を作り出すので、全体的に凄くポップな感じにおさまっていてかつ読みやすかったです。真一が属する魔王軍のメンバーとの軽快なやり取りをはじめ、ギャグ要素も含まれているところが楽しかったです。

異世界に召喚された真一に課せられた「人界の食べ物を捧げる」指令も中途半端なまま終わっている点や、たびたび垣間見る真一の過去にまつわるエピソードが明かされていないのが少し気になるので、是非とも続巻の刊行までこぎつけてほしいです(重版報告も出ているので)