読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

東京ダンジョンスフィア

東京ダンジョンスフィア (電撃文庫)

《あらすじ》
最新のVR技術が暴走し、使用者の脳内世界がダンジョンに!そのダンジョン攻略を行う『冒険者ギルド』に、高給&様々な特典を目当てにして、軽い気持ちで入隊した赤峰光。しかし、入隊後すぐに突入したダンジョンでは、右も左も分からず、武器の具現化にも苦労して後れを取るハメになってしまう。パーティーを組むのは、長剣と氷を操る蒼倉、精霊を杖で使役する桜白、スナイパーライフルで戦場を支配する緑の三人。リーダーに指名され、何か深刻な事情を抱えている様子のメンバーたちと攻略に挑む赤峰は、仲間と協力してダンジョンの秘密を解き明かす!ダンジョン創造主の脳内世界を攻略せよ!
現実をダンジョンが侵食する現代――異世界を攻略し、未来を掴め。

日本の各所に発生している“ダンジョン”がもたらす幻想的な雰囲気と冒険者たちの想像力で具現化される武器から繰り出される多種多様な攻撃が冒険者の命のかかったダンジョン攻略を熱くさせ、想像力という抽象的な要因で生み出される武器が秘めるポテンシャルの高さがより作品の面白さに拍車をかけている。
人間の脳内世界を基盤にして構築されたダンジョンなだけにダンジョンごとに様々な世界が生み出されているので、冒険者たちがダンジョンの攻略に挑むたびに違った景色を見ることができて常に新鮮な感覚が味わえました。

バトルの面白さに関して個人的な意見を述べるならば、主人公が窮地に陥った状況でこれまで何らかの予兆のあった力に目覚めるようなパターンと、“東京ダンジョンスフィア”のように『使用者の想像力(イメージ)で武器が具現化される』というルールを確たるものとして、そこからつなげるように新たな力に目覚めさせるパターン。どちらも好きではあるけれど、やっぱり“東京ダンジョンストライク”が見せてくれるようなバトルの見せ方は、ご都合展開を極力排除されてよりいっそう臨場感があるのでどちらかといえば後者のほうが好み。

電撃文庫から刊行された新作のなかでは続巻を是非とも読んでみたい作品なので新刊情報が楽しみです。