働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

落第騎士の英雄譚 11

落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)11 (GA文庫)

《あらすじ》
「守ってみせるわ。誰一人傷つけさせたりしないんだから!」紆余曲折を経つつもステラの故郷ヴァーミリオン皇国の人々に受け入れられた一輝は、隣国クレーデルラントとの『代表戦』選抜として準備を進めていた。そんな中、クレーデルラント側からの招待により、一輝はステラやその姉ルナとともに隣国へと向かうことになる。そこで待っていたのは国をあげての盛大な歓待。だが背後ではステラに異常な執着を示す“傀儡王”オル=ゴールの、想像を絶する悪意が蠢動し始めていた。すべての人々を救うため、一輝とステラ二人の極限を超える戦いが始まる!

“魔人”の領域に至った黒鉄一輝が繰り広げる激闘の全てが血が騒ぐほど熱くなれる至高のバトルアクション。敵に勝利するための超人技とバトルの描写をテンポよく進んでいくので、実力差のある人間同士の戦いで圧殺されるスピード感もあって文句のつけようがないくらいに面白い。
何よりも、アニメ版の最終話で披露された“一刀羅刹”。原作においてもこれまででおそらく1回しか使う機会のなかった黒鉄一輝の切り札。一秒間に全魔力を注ぎ込むあの技が、敵としてあいまみえる“魔人”を目の前に使わざるをえない劣勢に陥ることになるとは……。
一刀羅刹の件を含め、たびたび読み手の想定する展開を絶妙にそらして予想外の方向にストーリーを運んでいく展開の作り方が、たった1冊のなかでも刺激に満ち溢れていて常に新鮮な感覚で作品を楽しめる。
落第騎士の英雄譚”特有の、効率や打算などの理屈を抜きにして自らの心情だけで行動するフットワークの軽さ。自国の窮地を目の前にあえて自らの命を危険にさらしてまで過酷な選択肢を選び、傀儡王の悪意から人間を救おうとする兵士のやりとりに落第騎士らしさがあふれていて最高でした。

この作品の最大の魅力のバトルだけで勝負するならば、自分がこれまでに読んできたすべてのライトノベルの中でもトップクラスに面白いと断言できる作品。次巻は新たな戦いの舞台が築きあげられて盛り上がること間違いないので凄く楽しみ。