読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ヴァンパイア/ロード2 ~君臨するは、終焉の賢王~

ヴァンパイア/ロード2  ~君臨するは、終焉の賢王~ (HJ文庫)

《あらすじ》
最後の王となるという決意のもと、貴婦人が率いる“貴族派”へと宣戦布告をし、本格的に吸血鬼の殱滅に乗り出した黎。リーリヤ、美紘、京香の献身的なバックアップを受け、彼は着実に自らの勢力を拡大していく。そんな黎を一日でも早く抹殺したい“貴族派”は、秘密裏にBDというコードネームの恐るべき計画を進めていた!!果たして、黎は一万年を生きる美しき吸血鬼の魔の手を掻い潜り、チェックメイトを宣言することが出来るのか!?

人間の世界に暗躍する吸血鬼を撲滅するべく、最後の王として立ち上がった黎を筆頭にリーリヤ、美紘、京香と共に貴族派との本格的な戦いに挑むことになる。1巻では物語の世界を広げられるポテンシャルが秘められていて、日本を舞台にした戦いだけでなく世界を相手に勢力を広げるかと思ってはいたけれど、無難に2巻完結という形で幕を閉じたのが少しだけ予想外。個人的には少しだけ気に入っていた作品でもあるので、もう少し続いてほしかったという願望もあったけれど、それでも綺麗に終わっただけでも良かったです。

日本の裏社会に根付いている“貴族派”の吸血鬼を中心に構成される組織と、新興勢力で戦力も人数も地盤も劣る黎を中心にした組織で、黎の王の力の持つ『言葉により吸血鬼を絶対的に服従させる』能力からどのように展開されるのか。生身の人間でしかない黎の頭脳が試される戦いのなか、王のもつ吸血鬼に対する絶対的な能力を発動させるための一手一手への肉付けも十分に作り上げられていて、テンポよく楽しむことができました。

“貴族派”が誇るどんな強力な力をもった吸血鬼が相手であっても、たった一度の能力でいともたやすく手ごまに加えることもできるし絶命させることができる。そんな一風変わった勢力図から展開されていく戦いがなかなかに魅力的で、コンパクトに2巻に完結させたのもこれはこれでよかったんじゃないかと思えてくる作品でした。