働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

そして黄昏の終末世界<トワイライト> 1

そして黄昏の終末世界<トワイライト> 1 (オーバーラップ文庫)

《あらすじ》
―終わりは、すでに約束されている。人類は予言された終末に抗うため、人知れずその要因『刻の黄昏』と、内部に現れる魔人『ペイガン』と戦ってきた。そんなことが世界の裏側で繰り返されるなか、日本の高校生・東雲冬夜は突如異変に巻き込まれ、刻の黄昏に迷い込んでしまう。刻の黄昏でペイガンに襲われた冬夜は、終末と戦う少女・如月御姫に助けられ、事なきを得る。翌日、冬夜が御姫から異変について説明を受けていると、再び刻の黄昏が発生。御姫はペイガンを倒しに飛び出すが、なぜか一介の高校生である冬夜の手にも、普通の人間が持ちえないはずの超常の武器・サクラメントが握られていて…!?

普段はごく普通の日本の高校生の主人公が、世界の裏側で未知の敵との戦いを繰り広げられている現代ファンタジー風の世界が途方もなくカッコいい!!
学校生活を送りながら、平穏に日々を暮らしているクラスメイトの知らない世界で活躍するシチュエーション。それが学校で知らない人のいない高嶺の花である美少女と魔術絡みの話しで行動をともにしていたら、学校中の生徒から実力行使の嫉妬をぶつけられ、運動部員の精鋭からの追跡を逃れる大逃走劇に発展したり、現代を舞台にしたファンタジーのこういう遊びの部分はホントに楽しくてしょうがない。
1巻の現段階では、日本を取り巻く魔人と対抗するための勢力に具体的にどのようなものがあるのか、また主人公と日本の組織との接点も薄いために、まだまだこの作品の世界を広げる要素が目白押しな感じなので、いやがおうでも期待が高まる。